スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクのともだち。



この写真は以前アップしたことがある。30年ちかく倉庫のよう
なところに放置されていたワーゲンを手にいれ足寄町のキャンプ
場でのイベントに参加したときに撮ってもらった写真だ。ちょう
どボク自身が病気と闘っていたときに見つけたクルマなので、な
にか特別な想いがある。古いものは捨てられるばかりで手もかか
るが、身体だってクルマだって悪いところをちゃんと修理して使
えば、まだまだ、ぜんぜん大丈夫。
冬なのにこの写真を使ったのにはちょっとワケがある。じつは今
ボクはまた病気と闘っていて、なにかにしがみついていないと壊
れてしまいそうな、じつにバランスの悪い状態であるが、<HO
BO’s NOTE>の開店という夢があるので休んでなんかいら
れない。いつもそうやって乗りこえ、叶えてきたのだから。


・・・・・紅や黄色の葉っぱが雪の下敷きになっている舗道を歩
きながら行きつけの喫茶店を目指していると<中古ピアノ>の看
板が目についた。ショーウィンドウにはKAWAIやYAMAH
A、ボストンなどのピアノがならんでいる。やはりどれもピカピ
カにリニューアルされたものばかりだ。これだと元の状態がわか
らない。どんなふうに扱われてきたのか?どんな想いで生きてき
たピアノなのかがわからない。楽器だって心があるのに、、、そ
んなことを考えながら店の横の通路に目をやると、何台かの出荷
待ちのピアノが置いてあった。スタッフが忙しそうに出たり入っ
たりしている。邪魔にならないように挨拶をして帰ろうとすると
通路の隅っこに木目調のアップライトが置いてあるのが目にはい
った。透明ピニールで養生してあるがボクにはそれがヤマハのU
7だということがすぐにわかった。
なんていうことだ。よく見るとそれはAタイプの初期型、このま
え生徒の家で見たものと同じ昭和41年製のピアノだ。探しても
なかなか出てこないというのに、こんなところに、寒い通路に放
置されている。あの時もそうだった、、、
何気なく訪れたワーゲンショップで、ボクのオレンジは雪の駐車
場に放置されていた。運命的なものを感じずにはいられない。
「このピアノは売り物ですか?」と、忙しそうにしているスタッ
フに訊いてみた。スタッフは面倒そうな顔で「ああ、それね、」
と言った。
話をきくと、そのU7は2ヵ月くらいまえに買い取ったという。
ワンオーナーであまり弾かれることなく居間に置かれていたもの
らしい。しかし残念なことに陽当たりのいいところに置かれてい
たために陽の当たるところだけ多少だが焼けているのだといい、
買い手はついてはいないが出入りしている調律師の先生が安く買
い取ってもいいみたいなことになっているようだ。
ボクが「ふ~ん」みたいな顔できいていると、「でも、欲しいお
客様がいたらお客様優先ですよ!」みたいなことを言ってきた。
話してみると話好きなスタッフでいろんな裏話などもきけてけっ
こう楽しい。「だいたいは中国人が買っていきますよ!」と笑っ
た。このU7は象牙鍵盤なので輸出が禁止されているとか、中国
人は外見さえキレイにすれば買うとか、いろんな話。
中国人はピアノだけじゃない。北海道のナラの木や盛岡の南部鉄
瓶、新潟の槌起銅器や、希少価値のあるものは全部まとめて買っ
ていく。困ったものだ。へんなところでへんなふうに他国の世話
になる日本。買ってくれるなら、へこへこどこにでも売る日本で
ある。

傷つき陽焼けした古いヤマハを買おうと思う。ボクが買わなけれ
ばコイツはきっと耀けない。あの日、即決しボクと暮らすことに
なったオレンジに、友ができるのだ。超がつくほど格安でいいと
いうので言葉に甘えようと思う。このピアノ、ボクに似ている。

かなり傷ついている。
かなり汚れている。
かなり落ちぶれている。
ひとりぽっちである。
だけど、ヘコタレてはいない。

悪いところを修理して、こいつと共に、また歩こうと思う。
ああ!この澄みきった北の青い空に、ボクのピアノ。
ぽろ~ん、と

こんなに、、、、
温かい。


HOBO
スポンサーサイト

広辞苑を枕にして。

<学び>というものは、おそらく、アナログであればあるほど身
につくんだと思う。これは勝手な解釈だが、アナログにはひとの
こころが宿っている。作り手の想いに感謝しなければならない。
感謝のある学びは確実に定着するのだ。

ぼくの昼寝の枕は、もっぱら<広辞苑>である。これを枕にして
眠ると、いつも懐かしい友の夢をみる。むかし箇条書きにした夢
のリストをテーブルに広げ、二人でそれを眺めたものだ。どうし
て?どうして?と問い詰めると、友は困った顔をして下を向く。
でもまた新しい夢の話になると、眼を輝かせる二人だった。

ぼくの学びの途にはいつも彼の影があった。不器用な二人はあの
ときあの場所で別れたが、ぼくはいつも眠りながら彼を追いかけ
ている。いつかまた学びの途で会えるといいな。電子辞書は枕に
もならない。広辞苑を枕に、また、お前の夢をみる。


HOBO

なにかを好きになれない毎日なんて。

うまくいかなくても、そんなに落ち込んだりしないでほしい。う
まくいかないからオモシロイ、そんなこといったらおこられるか
な?落ち込んだりガッカリするのは心持ちが高い証拠。そう思う。

真面目に生きるていると、この世は理不尽なことばかりじゃない
か。好きでもない上司の話に相づちをうったり、言いたいことを
我慢しながらでも今の仕事にしがみついたりするんだ。色んな守
るものがあるからね。それは子どもだったり親だったり、ちっぽ
けなプライドだったり、それぞれだ。まるでなにかに脅迫されて
いるような<今>だったとしても、みんな、頑張るんだな。

寄りかかったり逃げ込んだりしないと歩けないぞ。人間なんかそ
んなに強い生き物じゃない。仕事以外の<逃げこむ場所>を持っ
ているか?<寄りかかるもの>はどうだ?それは例えば、神社の
境内に落ちている松ぼっくりでも、それを大好きになることだ。
究極の梅干しをつくったり、空の青さについて研究したり、なん
だっていいと思うぞ。とにかく大好きになり、そのことについて
熱心に調べ学ぶこと。1日の中にそんな時間を盛り込んでいく。
だれにも負けない自信は学ぶことで更に膨らみ、ちょっとやそっ
とじゃ飛ぶことのない自信になるんだ。そしてそれを理解してく
れる人を一人だけ見つけると素敵だな。

今ぼくはナラの木について調べている。図書館に行ったりひとに
会って話をきいたり、ついでにウォルナットのことも知りたいか
ら。
高松市にある桜製作所でジョージ・ナカシマの椅子を見て世界観
が広がり、木について調べてみたくなった。深く静かに横たわる
時間を1日の中に組み込むことで、なんとか日常のイライラを飛
ばしている。

真面目なひとほど、理想がたかいひとほど、病んでいる。ぜひ、
<逃げこむ場所>、<寄りかかるもの>を確保していただきたい。
悩まないでほしい。自信をもってほしい。そしていつか、君の大
切な友のひとりになれたらと思う。


HOBO

タクちゃんのFL。

とある街を歩いてたんです。港の近く古い倉庫の前にダッチの古
いバンが停まってたんでしばらく不審者のように眺めてますと、
「なにかご用ですか?」と、持ち主らしき人。ははあ~ん、やっ
ぱりセンスがいい。このてのバンをノーマルで乗るなんて、わか
ってる人。
「カッコいいバンですねえ。」というと、彼は嬉しそうに笑うん
です。
倉庫のなかをちょっと見てしまったんです。ノーマルのFLが置
いてありました。彼はアメリカ好きの56歳、偶然また同じ歳の
ナイスガイに会っちゃいましたよ。

彼のFLは1966年。やはりアーリーショベルはステキですね
え。ハーレー・ダビッドソン社は1966~1969年までの4
年間、パンヘッドとショベルヘッドのアイノコを作ったんですよ
。それがまた哀愁のある顔をしてましてね、彼はちゃんとそれを
知っていてフルノーマルで乗っている。何気ない彼のセンスに脱
帽しちゃいました。来年、北海道を一緒に走りませんか?と誘わ
れました。アドレスの交換をし、別れました。

じつは、いま一番欲しいバイクがこの年式のアーリーだったので
、また悪い虫がむずむずしましたが、いまはそれどころではない
んです。店の設立がありますからね。店のこと以外にカネは使え
ないんです。でも約束はちゃんと果たそうと思います。放ってあ
る古いバイクに命を吹き込むチャンスかもしれない。ぼくは彼と
出会い、またひとつ命の意味に気づかされましたよ。バイクの修
理と一緒に、ぼく自身の修理もしなくちゃ、そう思いました。
ありがとう、タクちゃん。


HOBO

おおきく見える一本の木。

その手紙には何度も消しゴムで消した跡があり便箋の角もくしゃ
くしゃに折れ曲がっていた。しかし彼がむずかしい言葉や漢字を
ちゃんと辞書をひいてくれたことは僕の心に届いている。手紙を
受けとり読む者の気持ちを考えなさいと先生は僕たちに教えてく
れた。君のいる特別支援学校の仲間たちは誰よりも僕の歌を好い
てくれている。僕にはそれがわかるんだ。トシ君や庸子ちゃん、
ブータンや秋ちゃん、調理の駒子さん、三郎くん、サチ子先生の
手をふる姿をバックミラーで見ていたんだ。生徒会長の君が書い
たこの手紙は僕の宝物だ。僕の書いた<おおきく見える一本の木
>。みんなで唄おう。僕は君たちを忘れない。


HOBO

profile

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。