スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロウ

スロウ


僕の知っている君はそんな弱虫じゃない
愚痴ばかり食べて生きるそんな奴でもない
口惜しさは拳を握らせ
優しさは涙腺をゆるませるだろう
「頑張れ!」といえば横を向く君だから
僕はそれを口に出さず 願うだけにする

そう
スロウ
ゆっくりと踏み出そう
噛みしめるように歩こう
振り向き はじめて気づく途上に
あした咲く花の 種子をまこう


動かない君の横を過ぎる風はない
だから流れた汗も乾かないのだ
言い訳は捨てなくていいポケットにしまおう
ときどき眺めて懐かしむといい
「駄目だ!」といえば口を尖らす君だから
僕はそれを口に出さず 願うだけにする

そう
スロウ
ゆっくりと踏み出そう
噛みしめるように歩こう
振り向き はじめて気づく途上に
あした咲く花の 種子をまこう


君の肩に舞い降りるのはきっと僕じゃない
結晶のように見えるがそれはきっと僕のため息だろう
凍えそうな街にジングルベルが聴こえる
君は独りなんだと思い知るがいい
「愛してる!」といえば泣き出してしまう君だから
僕はそれを口に出さず 想うだけにする

そう
スロウ
ゆっくりと踏み出そう
噛みしめるように歩こう
振り向き はじめて気づく途上に
あした咲く花の 種子をまこう




・・・・これは、5年ほど前に書いた曲だが、いつまでも具現す
ることなく創作ノートに放置されていた。詩ができ、曲がついた
が、だれのこころの庭にも届けることをしないHOBOである。
どんなに良い案をもっていても、時や資金があったとしてもそれ
を具現化できるひとがいなければ、せっかくの宝も持ち腐れてし
まう。カタチのあるものならまだいい。カタチのないものの具現
化は、いったい誰に託そう。

デニスというアメリカ人が営っているBARを紹介され、ちょっ
と遅い時間にお邪魔してきた。「こんな時間にすいません!」と
いうと、「ぜんぜんですよ。」と、日本人よりうまい日本語で迎
えてくれた。さすが日本にきて20年、ベテランのナイスガイで
ある。ぼくは、夜、長く車を離れるときはどこに行くにもギター
をぶらさげていく。名古屋で盗難にあってからの習慣だ。昼は昼
で車内の温度が上がることから、要するに昼も夜もギターケース
と歩いている。
「ギブソンですね?」と、ケースのロゴを見てデニスが訊いてき
た。
「ちょっと見せてもらっていいですか?」というので、ケースか
ら出して渡してあげた。「ほ、ほ~!」とかいいながら、デニス
はかなり器用にギターを弾く。ぼくがこの店を紹介されたのは、
デニスがむかしピアノ弾きだったということを聴いたから。店の
奥に傷だらけのYAMAHAがあった。デニスはぼくの創作ノー
トをぺらぺらとめくりながら、軽く頷いたり、じっと天井を見つ
めたりした。
「HOBO、ちょっとこの曲をやってみてくれないか?」と、デ
ニスがぼくに言う。<スロウ>という曲だった。デニスは向かい
のコンビニまで走って、創作ノートの<スロウ>のページをコピ
ーしてきた。デニスは店のシャッターを下ろし、「さあ!やろう
!」

デニスはピアノの前に座っていた。ぼくは5年ぶりに唄う<スロ
ウ>を、ぼく自身のどこに響かせよう?すこし震える声で。
デニスは途中までじっと聴いていた。しかし、2コーラス目のア
タマから静かに鍵盤をたたき始めたのだ!・・・・なんて温かい
音なんだ!ぼくの<スロウ>が、こんなにも太く、こんなにも豊
かに、やさしく、せつなく響いている。ぼくの中の少年がむくむ
くと起きあがる。デニスはオスカー・ピーターソンのようなソロ
を弾いた。ぼくの<スロウ>が、はじめて、ぼくになった。

デニスは、「いい!いい!」といって、なんどもなんども頷いて
いる。
「HOBO?この歌に出てくるすこし病んでいる〔君〕の人格と
、突き放すような強い愛で遠くから見つめる〔僕〕の本当のやさ
しさが痛いほど伝わってくるよ。素晴らしい!ナイスソング!」
と、ほめてくれた。

デニスは素晴らしいピアノを弾いてくれた。そして<スロウ>を
みごとに具現化してくれたのだ。
「ありがとう、デニス!」といってデニスの店をあとにした。ギ
ターケースがカラカラ笑う。すこし寝ぼけた水銀灯に「おはよう
!」といい、ぼくは何十年かぶりのスキップをした。ああ!泪が
止まらない・・・・
<スロウ>のなかの〔君〕に、会いたいと思った。



HOBO
スポンサーサイト

誰に向かって唄う。

 あんな大人にはなりたくないと思った。こころの底からそう思った。
どんな大人なのか?酒にまつわる話である。
 酒が嫌いなわけではないのだが、ぼくは酒を飲んでだらしなくなる
大人が大嫌いだった。もうぼくはじゅうぶん大人なのでこれは少年
HOBOのこころがつぶやく言葉だと思ってほしい。
 大人はどうしてことあるごとに酒をのむのだろう?ぼくはいつも
そう思っていた。それしか楽しみがないみたいに、飲んで歌って。
あぐらをかいて、ひざにのせた腕は窓のように輪をつくり、あーでも
ないこーでもない。少年HOBOの目から見てとても知的とはいえず、
すぐ喧嘩をし、他人の悪口をいう。ぼくは朝目を覚まし、そこらじゅう
に散乱する一升瓶や灰皿を横目で見ながら学校へ行った。あんな
大人にはなりたくないと思った。
 
 「歌を唄える仕事を見つけたんだ!」と、ぼくはそのとき付き合って
いた彼女に言った。彼女は「よかったね!」と言ってくれた。酔っ払い
相手の小さな店だった。酔っ払いのこころに響く歌なんか!ぼくは
適当に唄うことを覚えた。悲しかった。



     髪を切っちまった あんたを忘れるため
     さすがのアタイも涙がぽろぽろ出た
     あんたと暮らしたアパートの部屋 
     西陽の入る窓 あんたを待ってた夜

     ドントクライ ドントクライ
     あとどんくらい 待ってりゃいいの?

     あんたの唄うブルースがいい
     今夜も しとしと 雨ん中



 これは一番新しいぼくの『どしゃ降り純情物語』という曲の1番の
歌詞だ。彼女を想いだしてセンチになってるわけでもないが、ぼくは
大切なものをけっこう失っている。
 <家庭>というものにあこがれる。酒飲みだった父や母の喧嘩をみて
きたぼくにとって<家庭>は地獄だった。あんなに嫌いだった酒飲み
なのに、
 ぼくは最近、酔っ払い相手のシンガーにすらなれない。誰に向かっ
て唄う歌なら許せるんだ?お前なんかもう、、、、
唄えないんだよ。


HOBO

profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。