スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも南方行きの列車は下って行く。




サウスバウンド・トレイン

自由、首をふり笑いながらお前が
平和な家庭に死をもたらす
そんな炎を運ぶはずがあろうか?
お前が命を与えた国に
町はずれの駅にまで
南方行きの列車はそれでも下って行く

平等、お前はコブシと静かに対決して
腹をたて、見失った目標をあきらめたの?
裏部屋にひきこもり
ノミ屋のリストを調べるつもりか?
それでも南方行きの列車は下って行く

友愛、涙には抵抗できず
それで恐怖を超えられるか?
友愛のためよくやったと言われたら
ひとはどんな反応を示すだろう?
南方行きの列車は相も変わらず下って行く


詞・曲
Graham・Nash
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自由だとか平等だとか友愛にしても、かかげたものがすべてうま
くいくとは限らない。僕たちはつねに<理不尽>という悪夢と肩
を組んで歩いている。馬鹿げていると思うが、現実とはそういう
ものなんだ。南方行きの列車に飛び乗り知らない町に行ってみた
いな。そして大好きなひとや慣れ親しんだ家や街を、たまには少
し遠くから眺めるのもいい。見えなかったものがきっと見えてく
る。グラハム・ナッシュはそんなことを言いたかったのかなあ?
良い歌というのは、答えを聴き手の解釈に委ねている。

グラハム・ナッシュとデイビット・クロスビーの<サウスバウン
ド・トレイン>、死ぬほど好きな曲だが、この曲はまちがいなく
海が似合う。ワーゲンバスの助手席に大きな犬を乗せて、こんな
曲を聴きながら旅ができたらいいだろうな。
名古屋市から岡崎市、浜松市に向かうとき、右側に海が見えてく
る。ぼくはその海の見えかたが気にいっている。

海のちかくにクルマを停めて太陽が沈むころまで本を読むんだ。
風は犬のしっぽと遊んでいる。できればカセットテープにいれた
この曲を何度も繰り返し聴くんだ。そのうち海の向こうに陽が沈
むだろう。

浜松のあの海に行きたい。


HOBO
スポンサーサイト

ホーボーズ ララバイ。



もしも優しさの種類を選べるとしたら、
俺はまちがいなくこんな優しさを選ぶだろうな。
ぶっきらぼうで、ガサツで、不器用で、すこし乱暴で、
だけど、とても恥ずかしがり屋さん。
こんなロマンティックな歌を唄える男になりたいな。


HOBO

こんな世界を散歩しよう。



なんて素敵、そしてなんてお茶目さんなんでしょうねえ。
声も幅があってすごくいい。
こんな曲を自分の店でかけたら素敵だろうなあ。
表現力豊かなヴォーカリストですねえ。
全曲いいですよ。

カナダのブログ仲間のところでこのアーティストのことを
知りました。
自分ももっと色んな世界を散歩してみようと思いましたよ。
素晴らしいなあ。
ハートのある演奏、いい音してる。
沁みちゃいましたよ、こころに。


HOBO


GOTTA SERVE SOMEBODY



ボブ•ディランのアルバム〈スロー•トレイン•カミング〉に収録
されている『Gotta Serve Somebody』をナタリーコールがカバーしている。
じつはこの頃のディラン、3作つづけてキリスト教色の強いゴスペルアルバム
とも呼べる作品を発表していて、〈スロー•トレイン•カミング〉〈セイヴド〉
〈ショット•オブ•ラヴ〉と、憎らしいほどだ。
とくにこの〈スロー•トレイン•カミング〉はマーク•ノップラーがギターと
アレンジで参加しており、これ以上のアレンジ、演奏はないだろうというぐらい、
全曲素晴らしい。
反面、宗教色が強いということから毛嫌いする者も多いようだが、どっこい、
ナタリーのこのバージョンを聴いてもわかるように、ディランの曲づくりの
チカラには驚かされる。
ちょっと前にディランはノーベル文学賞をとるんじゃないかと言われたが、
決して後ろを振り向こうとしないそんな彼には似合わない賞だと思う。
ディランは偉大な詩人であり、心にいつもゴスペルを抱いていた。

ナタリーのこのバージョンもいいが、どうもアクがよわい。
ぜひ、本家の〈Gotta Serve Somebody〉を聴いてみてほしい。
挑むように唄うボブとうねるような乗りに、まったくもってシビレてしまう。
フルヴォリュームでいこう。


HOBO

ノイズ。



またここに天才がいた。
ノイズのようなシオンの声。
BGMになんかならない声。

聴こえのいい薄っぺらな時代に、
こんな優しさだってあっていいんじゃないのか?
雑踏の中に埋もれそうな、ノイズに耳を傾けてみよう。


HOBO

profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。