スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒステリーと更年期障害。

 なんでも更年期障害のせいにするヒステリックな
女性を見た。そこはコンビニの前。忙しそうにタバコを
吸う三人の女性。昼休みあと十五分みたいな。
 眉間にシワを寄せ上司の悪口、消費税のこと、そして
自分は更年期障害ゆえにイライラするのだと主張。
まくしたてるように喋っている。残り八分しかない。
あと何本吸える?みたいな。
 ボクは黒ウーロン茶を飲みながら車の中からそれを
眺めている。そう、何かの本で読んだことがある。ヒス
テリーは更年期障害なんかではない、精神病なんだと。
そうかあの人たちは精神病なんだ、ああ、精神病、、、
 ボクは情熱ゆえの叱咤を母親にしてきたつもり。
ああ、ちがうんだな。ボクはヒステリー。更年期障害なん
かではない。タバコは吸わないがZEROコーラを何本
も飲むHOBO。がぶがぶがぶがぶ、コカッと爽やかスカ
コーラ。

 男にも更年期障害があるんだと誰かに言われた。
そうかそれは違うんだな。情熱とヒステリーはちがう。
そして、ヒステリーは精神病なんだ。病院へ行こう。


HOBO

スポンサーサイト

地震デス。

地震デス。
ぐしゃぐしゃと崩れる家を思いだしました。


HOBO

G.LOVE カッケえ。

ジャック•ジョンソンからG.LOVEに入ったHOBOだが、
けっこう好き。ディランが好きだというがそれは彼の
他の作品を聴くとよくわかる。



目立たないがこういったコアなアーティストがけっこう
いる。ジャック•ジョンソンのブレーンを探っていくと、
けっこう楽しい。


HOBO

掃除をしよう!

 国道のパーキングはゴミだらけ。携帯が鳴ったので
パーキングで話すマナーのいいHOBO。というかアタリマエ。
ゴミのなかに車を停めて仕事の打ち合わせ。まちがいなく
オシッコのニオイもする。立ちションするやつがいるんだな。
まあ、自分だけよければいい心無い輩の仕業。吸い殻の捨て場
は自分の車の外ならどこでもいいときてる。呆れたもんだ。
 よく見る光景だが、コンビニの外に設置してあるゴミ箱に
平気で自分らのゴミを捨てるドライバーがいる。HOBOは
絶対そんなことはしない。だから車の中はゴミだらけ。笑
人間はどうして自分さえよければいいのだろう?

 ボクのマンションは10階建てだが、4階〜10階までは
分譲、1階〜3階までは賃貸しとなっている。管理人に聴いた
話だが、1階のロビーは別として、2階3階の部屋とか廊下が
4階より上の部屋や廊下に比べると極端に汚いという。分譲、
買った人は自分の家なので大切にする。賃貸しは自分のもので
はないためなのか、扱いが雑になる。ボクの住んでいる地域には
賃貸マンションが沢山あるが、ボクのマンションよりかなり
新しいというのにビックリするほど傷んだ建物もあるのだ。
ヒドイ話だな。自分のモノでなければどんな扱いをしてもいいと
いうのか?それは間違った行為だと思う。そして、HOBOの
部屋も車庫も車の中も、、、、、
間違いだと思う。

 明日、掃除をすることにした。


HOBO

名も無い木





新しいモノはいちばん古くなるんだよ

古くなればまた新しいモノを探すのかい?

透き通った道には一本の木が立ってるんだよ

それはあまりにも古い名も無い木

しかしボクたちがずっと見てきた木

その木の下に集まろう!

そしてその木の下から旅立とう!

老いぼれた木

ただそこに立っているだけの

名も無い木



HOBO

相棒よ。



暇さえあればワーゲンの本を読んで、
インターネットでワーゲンのブログを探したり、
そんな毎日が楽しい。ワーゲンは相棒。
なくてはならないかけがえのない、、、、


 先日、ボクのマンションの前に人だかりができていて、
救急車の灯りが。早足で輪のなかに顔を入れると、
8階の児玉サンのおばあちゃんがタンカの上で黒い顔
をして。おじいちゃんは傍でそわそわして。
 児玉サン夫妻は80歳越えの老夫婦。いつも手を
つないでドームに日ハムの試合を観に行くほど仲がいい。
エレベーターの中で顔を合わせてもいつも「母さん
元気にしてるか?」とざっくばらんなおばあちゃん。
おじいちゃんに詳しいことを訊こうと電話してもつれない
声なので訊けず。
 淋しいだろうな。いつも一緒にいたおばあちゃんが
脳外科に入院したのだから。食事のしたくや洗濯も
何もできないおじいちゃん。「ん?なにもしたくないんだ
よ」と肩落とすおじいちゃん。凹んでる。


 バケツに冷たい水をいれて少し洗剤をいれた。
1000キロの道のりをイベントとボクの仕事のために
走り抜いたオレンジを洗ってあげようと思う。
32度のサッポロシティ。キミだけが暑い思いをすることは
ない。せっせせっせ額に汗して洗ってあげよう。
相棒よ、キミは独りじゃないさ。


HOBO

お疲れ様でした!

ワーゲンのイベント。
仕事前にちょっとだけ参加したHOBO。
こんなにたくさんのカブトムシ、
異常発生デス!

DSCN0531.jpg

足寄町の里見が丘キャンプ場にずらっと。
しかし、好き者もいるもんです。

DSCN0559.jpg

HOBOはちゃっかり木陰に。
それにしても絵になるオレンジ。

DSCN0557.jpg

わたしの麦わらとエフェクターのメガネです。

DSCN0548.jpg

これは札幌から参加の1970年アイロンテール。
絶妙な車高とダイヤモンドブルーがステキ。

DSCN0552.jpg

おお!タイプ3のノッチバック登場!
この太モール、64年?
来年はHOBOもタイプ3で参加しよう!

DSCN0561.jpg

おや?どこのワンチャんでしょう?
アンタもワーゲン好きなん?

DSCN0563.jpg

木陰にたたずむ家族の風景。

DSCN0568.jpg

バーベキューを食べてこれから仕事のHOBOさん。

DSCN0584.jpg

いいですねえ、跳ね上げウインドウのタイプ2は、
どちらから?自由感覚200%じゃないですか!ぶひっ!

DSCN0578.jpg

タイプ2のキャンパーですね!
こんなんで旅ができたらルンルンですよ、

DSCN0575.jpg

このタイプ2のオーナーは女性でした。
1962年。お子様とイベント参加。オシャレですねえ。

DSCN0588.jpg

ご苦労様です、バスはバスでお友達。
年式関係なくバスはいいですわホンマ。
個人的にボクはこっち側のドーブブルーが好きかな?
1975年くらいでしょうか?

DSCN0589.jpg

サンドベージュのオーバル。
オーナーさんはまだ若き青年でした。
もう1台1303sが欲しいんですって。
趣味が合いますな。
このシャケの切り身のようなセマフォー、
1953年でした!

DSCN0583.jpg

こんなのもありましたよ。札幌メリーメーカーさん。

DSCN0590.jpg

こんなのもありました。

DSCN0571.jpg

これはHOBOのバリアントと似ている。
バリアントもいいな、やっぱ。

DSCN0562.jpg

きりがないんでこのへんでやめますが、
空冷ワーゲンというモノ。乗ってる人みんないいやつ。
もっともっと愛して、1台でも多く、この世に残して
あげましょうね!みなさん!お疲れ様でした!
また!

そうそう、
〈YANASE〉のこのステッカー、ディーラー車である
ことを証明できる車検証を持参すれば札幌月寒ヤナセで
貼ってもらえますよ〜!

DSCN0570.jpg

ワーゲン、最高!
がははは


HOBO






デカイ顔のネコとキャロル。

車の中でユーミンの初期の頃の作品を聴いてたんですが、
ああ、この人はキャロル•キングが好きなんだろうなと
思いましたね。多摩美大出身のユーミンですから、
ナルホド、絵のような曲を書いていました。



絵といえば、ボクは今もキャロル•キングのこの
レコードジャケットを部屋に飾ってますよ。なぜか
タクシー•ドラーバーのデニーロの横に。
デカイ顔のネコがアメリカのネコなんだろうなと思うと、
アメリカンキャットについて調べたりもしました。
ボクはキャロル•キングが好きでした。
デカイ顔のネコも。


HOBO

と、日記には書いておこう。

 会社の近くにある中華料理屋のオーナーが今回の
日中の問題について語ってましたよ。やはり中国人でした。
美味いはずの料理がマズイのなんの。料理に政治の話は合わない
ですね。
 そういえばオリンピックに政治もいけませんがね。
負けて泣きながら悔しがっている相手の気持ちを逆なでするような
韓国の人のやりくち。ボクが少年のころに聞かされた中国人や
韓国人のイメージそのままですよ、残念ですが。
負けてうなだれていたら、肩をたたき「ナイスファイト!ありが
とう!」というのがスポーツマンの精神ではないのか?
卑劣、卑怯、野蛮、申し訳ないがそのイメージがボクのなかで
いっそう強くなりましたね。

 勝っても負けても互いをたたえ合う、こんなことは教科書にも
載ってませんよ。教わることではないのです。どんな国のどんな人種
でも心のなかに響く場所があるんですよ。表ではない、中身だとい
うこと。整形手術にしてもそうですよね?よく国民性を表して
いますよ。こころ痛めている人を後ろから蹴飛ばすような行為は
オリンピックでなくてもしてはいけない行為だと思いますね。

 勝っても輝かないメダルをつけてうれしいのでしょうかね?
スポーツマンはまず健全な〈人〉であれ!
と、日記には書いておこう。


HOBO

全席禁煙はタカピーか?

 岩見沢のカフェでコーヒーを飲みながらトーストを食べてます
と、まあ、ボクは最近はもっぱらアイスですが、アイスコーヒー
の美味しい店ってホント少ないですが、この店もやっぱりダメでし
て、そんなとき若者が二人入ってきまして、クサいのなんの、
なんて言うんですか?車の香水っていうのかな?若者のカラダ
に染み付いてるんですよ。最初は普通の香水かと思ったんですよ、
でも帰りに奴らの車を見たらダッシュの上に10個くらいずらっと
並べてるのを見ましたからあれはこのニオイだったにちがいない
と確信ですよ。若者はボクがトーストをかじりながらマズイアイス
コーヒーを飲んでる横でタバコをメチャクチャ吸うんです。
奴らはおそらく鼻が悪いんだと思いますね、でないと理解できない
ぐらいクサいんです。あれはなんなんでしょう?なぜ、もっと
気配りができないんでしょうねえ?ボクのブルックスブラザーズの
シャツに染み付いちゃってとれないんですわホンマ。外で10分
ぐらい体操をしてニオイをハライまして、車に乗り込んだんですが
まだクサいんですよ。それにしても古いワーゲンのニオイっていう
ものがありまして、なんていうか甘い、さわやかな香りっていうの
かなあ?ワーゲンに乗ってる人ならわかると思いますが。この
ニオイを汚してしまうようなニコチンの香りはデリカシーのない
悪魔の腐臭とでもいうんですか?不愉快さ200%なのデス。

 最近よく行く札幌のカフェのカウンタ―に座ろうとしたら灰皿が
目にはいりましたので、
「この席は喫煙席ですか?」
と、店主に訊きました。
「そうです、タバコは吸わないんですか?」
と店主がボクにきくので、
「この世でもっともキライなものなんですよ」
(このへんがHOBO流のカドのたつ良くない言い回し)
とボクが言うと、ちょっと変な顔の店主。
「やはり全席禁煙にするとキツイですか?」
とボクが訊くと、
「そこまでタカピーにはなれませんからねえ」
ですと。

 全席禁煙はタカピーなんでしょうか?
この店の店主もタバコは吸わないそうなんですが、タバコを吸う人も
お客さんなので来なくなったら商売にならないという店主の考え方。
ということは商売にならないと困るのでタバコを吸わない人には
ガマンしてもらうという考え方。
 ボクも近い将来カフェをやりますが、ボクは全席禁煙にします。
タバコを吸わない人に申し訳ないとかそんなんじゃありません。
ボクがキライだからです。ひとの吸った気晴らし依存な空気を間接的
に吸い込むなんて理不尽すぎますし、まあ、1時間ぐらい吸いたい
タバコをガマンしてでも行きたくなるような強烈な魅力のある店で
はないという証拠ですよ。喫煙者は来てほしくないと言ってるのでは
ありませんよ。ここにいるときはひかえてくださいということ。
タカピーでしょうかねえ?スナックじゃないんですから、気を使う
角度が違うような気がするのですが。
 タバコが吸えないならもう来ないという客はタバコを吸える場所
に行けばいいんですよ。吸いたいタバコをガマンしてでもあの店に
行きたいと言わせるような店にしないとダメだということですよ。
客は流れて行くんですよ。本当にその店が魅力的でそれが良くて来てい
る他の客に気を使うような客は流れて行かない客なんですよ。

 相棒GONはボクの前ではタバコを吸わないんです。
「やめたの?タバコ、、」
ときくと、
「HOBOはタバコがキライだっていうからさ」
と我慢してるんですよ。まして大事なライブの打ち合わせをしている
という意識が高いので彼は。AKKIが一緒のときはBARなどでは吸って
ましたがね、デリカシーの強いナイーブな男なんですよ彼って。
以前彼にきいたことがあるんですよ、
「始めるカフェなんだけどさ、全席禁煙にしようかと思うんだけど、
どう思う?」
GONは言ってくれましたよ。
「外で吸うから大丈夫さ、好きなようにやったほうがいい、全席禁煙、
今はそういう時代だと思うよ」

 全席禁煙はタカピーだろうか?
そんなことはない。けして流れることのない友をつくるようなものだ
と思いますよ、店作りって。
ははは。



追伸 ーーーーーーーーーーーーー

 ぼくの大好きなラーメン屋がありまして、糖尿病患者がラーメン
なんてそれこそアンビリバボーですがね、醤油ラーメンも味噌も塩も
ないんですよ、ただ〈ラーメン〉だけ。専門店というやつです。ここの
店主は偏屈者で有名ですがボクから見たらぜんぜん。最初のうちは毎日
毎日客から、餃子はないのか?焼きそばもやればいいのに?みたいな
ことを言われたそうです。もしも店主が、ああ、こんなに毎日言われる
なら餃子も焼きそばもやろうかな?売り上げがあがるだろうな?みたいな
考えを持っていたら今のその店は無かったと思いますよ。そういった
客は当然来なくなるかと思ったらそうではなかったんですよ。この、
醤油だか味噌だか塩だかわからないラーメンが強烈に美味かった。
客はその店の店主の姿勢を見たくて通うものなんですよ。場所をわきま
えず、ぷかぷかやる人たちのほうがタカピーなんですよ。また、ラーメン
屋で焼きそばや餃子を食べようとする人のほうがタカピーなんですよ。
なんでもいいどうでもいいはタカピーなんですよ


追伸の追伸なのだ ーーーーーーーーーー

 少年のころ大好きなコーラの瓶にタバコの吸い殻を入れられましてね、
わざとではないんですが下手人は母でした。知らずに飲みまして、
それからタバコとタバコを吸う女性が鬼にみえるのデス。


HOBO

profile

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。