スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ってる。

 病院の近くに石造りのカフェがある。寝不足の目をこすり
ながら僕はそこのコーヒーとトーストで少し遅い朝食をとる。
いまのところそこの少し気どった格闘家のような女性の淹れる
コーヒーが札幌では一番僕に合っているように思う。
 先日カフェの駐車場で記念写真を撮っている老夫婦を見た。
岐阜ナンバーのスターレットの前で少しポーズをとる奥様は
70歳ぐらいだろうか?
「キレイに撮ってね。」
そんなことをご主人に言っている。
ご主人はニコンの一眼レフを大切そうに首から下げ、「チーズ」
だって。
奥様は精一杯可愛らしい顔をつくり首を少し傾けていた。

 写真というものはいいものだな。笑ってる写真。あとから
振り返って、想い出す笑顔があるんだから。
 僕は自分のアルバムがない。プレゼントでアルバムをもらった
ことがあるが、そこに貼る写真がないのだ。その辺にほったら
かしてどこに行ってしまったかわからない笑顔もきっとあったん
だと思う。想い出を無駄にする僕はきっと人から思いだされる
ことなどないんだろうな。
 写真というものはいいもんだな。でもどうして笑顔の写真に
胸が痛むんだろうな。きっと楽しかったことを想いだすのが
怖いのかも知れないな。
 自分が撮った写真。笑っている恋人。友人。母親。
笑っている。そうなんだよな。みんな写真を撮るひとの心に
笑顔を届けるんだな。笑うってそういうことなんだな。
ひとの心にカメラを向ける真摯さっていうのかな?
僕はずいぶん義理を欠き、笑顔をほったらかしてしまったな。
そんな気がする。

「キレイに撮ってね!」
あの老夫婦は無事に岐阜まで帰っただろうか?
出来上がった写真を見て、愛し合い、信じることを更に深めて
いくんだろうな。
想い出って色褪せないんだよな。古くなっても。
想えば想うほど、古くなればなるほど光り輝く。それが
想い出なんだよな。

笑ってる、、、


HOBO
スポンサーサイト

排気口。



ICUの家族用控え室で朝方ぼんやりしていると、この歌が
頭のなかで何度も流れるんだ。なぜこの曲なのかわからない
のだが何度も何度も流れるんだな。
温かいゲキをいただいた、とくに彼岸花さん、HHG、
t.grayさん、suzuさんにはこころからお礼を言いたい。

ぼくは今でこそ自分になることに夢中な男であるが、
中学のころは吉田拓郎になりたかった。何度も聴いて覚えた
この歌の詞のどこかに、今のぼくのこころを映すなにかが
あったんだろうな。
なぜだかぼくは悲しくなって控え室の天井の排気口の
奥に逃げてやろうかと思った。そしたらこの歌のイントロが
聴こえたんだ。


HOBO

忘れないさ。

 母さんが入院したので家中がもはやゴミの山。どうしても
外食が多くなってしまいバランスの悪い食事。漬け物とご飯
だけで食事をする母さんのようにシンプルにならなければ
と反省する。
 炊飯器にご飯が残ったまま古くなった。いやなニオイが
するので捨てることにした。ああ!ご飯を捨てるなんてなんて
ことだ。こころが傷むな。
 むかしバアちゃんがまだ生きていたころ、ぼくがまだ小学生
だったころ、母さんがまだ若かったころ、ぼくたちはまだ
ひとつ屋根の下に居た。バアちゃんはいつもモンペをはいて
台所に立っていた。
「米粒を無駄にすると目がつぶれるぞ!」
そう言うのが口癖だった。
 バアちゃんは右目が見えなかった。右のまぶたがすこし垂れ下
がっていた。
「バアちゃんみたいに目がつぶれるんだ!それがイヤなら米粒
を無駄にするなよ!ありがたいありがたい、、」
軍歌を唄いながら台所に立つバアちゃんだった。

 すこし掃除でもしようかと思い今日すこし早く起きた。
洗濯機を回しながら掃除機をかけた。母さんの部屋の棚の上に、
バアちゃんの写真が立てかけてあった。母さんはバアちゃんに
そっくりだな。女ばかり5人の子供を生んだバアちゃん。
5人の中で母さんがいちばんバアちゃんに似ている。
 5年ほど前に母さんは顔がマヒしてしまったことがある。
原因はストレスからきているという。このときもぼくは医者と
ケンカした。
「なんでもストレスストレスって、んなわけないだろう?
ヤブ医者め!」
こんな感じ。ぼくはすぐ医者とケンカをするのだ。
まだ完全に治ったわけではなく、なんと、右のまぶたが垂れ
下がって右の口元がすこし引きつっている。
「顔面マヒナスターズだな、まるで、、」
とぼくが言うと、母さんは笑った。
 母さんの右目は半分まぶたに覆われバアちゃんそっくりだ。
きっとバアちゃんがいるんだな。母さんはバアちゃんに
守られている。きっと大丈夫だ。月曜日は長い手術になるが、
大丈夫だ。

 バアちゃんの写真の前に水の入ったコップがあった。蒸発
してからからだったので水を入れてあげた。ゴメンよ、バアち
ゃん気づかないで。コップもついでに洗ってあげた。こうやって
母さんは毎日水をあげていたんだな。たとえ手を合わせなくても、
こうやって気づいてあげ、思いだすことが大切なんだな。
そう、バアちゃんが居たんだ。
「米粒を無駄にすると目がつぶれるぞ!」
すこしかすれたバアちゃんの声がする。
「バアちゃん、母さんが明日手術なんだよ。大丈夫かなあ?」
新しい水のまえでぼくはバアちゃんの写真を眺めている。
「大丈夫、大丈夫 、、」
そんな声が聴こえたように思う。
忘れないよ、バアちゃん。
忘れないさ、、


HOBO

今のお前はわたしより盲目だ!



わたくし、この映画何回観たかわかりません。
そして何度泣いたことでしょう。
このテーマ曲は素晴らしい。
盲目の映写技師アルフレードと少年トトの、、、
ああ!この映画、最高です。
完全版ではない、オリジナル版のほうをお薦めしますね。
「今のお前はわたしより盲目だ!」
なんて。
わたくし、当時この映画をはじめて観たとき、ラストシーン
の強烈さに30分は立ち上がれなかった。
ビデオでしたがね。


HOBO

新潟でサルを見た。

先日、群馬を過ぎて新潟に行く途中の出来事です、わたし、
サルを見ました。カメラを向けると、歯茎をむき出して怒って
ました。恐ろしくなって逃げました。

HOBO

指弾きの天才、マーク•ノップラー。



ライ•クーダーと同じぐらい尊敬する天才ギタリスト
がいる。マーク•ノップラーだ。フレーズの気持ちよさと
キレはクラプトンもかなわない。唄えばまるでディランの
よう。実際、ディランが彼のギタープレイに惚れ込み、
アルバム〈スロー•トレイン•カミング〉で競演。ブルージー、
アグレッシブなプレイには脱帽だ。ザ•バンドのロビー•
ロバートソンやデヴィッド•リンドレーも素敵だが、
マーク•ノップラーはHOBO,大のお気に入り。
ブラボーだ!

HOBO

愛ゆえに。

 それこそ愛ゆえに北海道民としてハッキリ言わせてもらう
が、日本ハムの大谷選手の二刀流だかはヤメたほうがいい
と思う。チームがひとつになれない原因はそこだったりして。

HOBO

こんな絵があった。

 自分の欠点などを他人から指摘されるのは気持ちのいい
ものではないが、指摘するほうも半端ない勇気をふりしぼ
っているのだ。みんな欠点だらけだからそのほとんどは
お互い眼をつぶっている。はっきりものを言える共通の欠点
は友として極上の証しなんだと思う。当たり障りのない人は
常に人を裏切っている。空気より薄い存在だ。



 純情を押し殺して生きることなんかできない。いいたいこ
とをしまいこんで生きることなんかできないんだよ。
 ききたくないことを言われた。ちがうな。言いたくないこと
を言ったんだよ。どちらも傷ついた。


HOBO

うんちく。

この世から無くなればいいもの 評論家
あーだのこーだのうんちくなんかいらないんだよ

失ってほしくないもの 感じるこころ
ちっぽけだと思えるもののなかに感動があるんだよ

いいものはいいんだ それでいいじゃないか
そう思うけどな


HOBO

少し疲れた旅の空に。



何度もぼくはこの音に挑戦した。あこがれ以上の
彼の存在。結局、使っている楽器がどうだとかそんな
んじゃないんだな。彼は自分だけの音を持っている。
この音、醸し出す世界は、そう、彼だけのものなのだ。

DSCN1082.jpg

ライにあこがれて手にいれたソニックブルーのストラト。
枯れたいい音がする。現在押し入れの中。

少し疲れた旅の空に、ライのギターはよく似合うのだ。
ヴォリュームをぐんっと上げて未だ見ぬ街に向かおう。
質のいいスタンダードを聴いているようだ。


HOBO

profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。