スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれもこれもいっしょ。

 「ツジちゃんがやらかしたらしいよ、あの娘、まえもそんな
ことあったよねえ、なおらないねえ。」
母はそんなことを言う。
 「はあ?矢口じゃなくて?」
と訊きかえすと、
 「そうだったっけ?なんだかわからんわ。」
ボケているわけではないのだが、もの忘れの多い母である。
母はカゴちゃんもツジちゃんも矢口もワカラナイ。
ただ〈ちっちゃいコ〉というカテゴリーの中にある。
たしかにボクもようワカラナイ。
 以前、テレビに矢口が出ているのを観て、
「よく出れるねぇこの娘、謹慎は解けたのかい?」
みたいなことを言う。
ボクは最初なにを言ってるのか理解できなかったが、ああ、加護
ちゃんと勘違いしてるんだとわかる。
「母さん、この人は加護ちゃんとちがうんだよ!」
と何回も言ってきかせた。
母は加護ちゃんと矢口、辻ちゃんの区別がつかないようだ。
何回も言ってるうちにボクも疲れた。
ちなみにボクは辻ちゃんがいっとう好きであった。


HOBO
スポンサーサイト

愛。

 食べ物の味は好き嫌いのわかれるところだと思います。大阪
滞在中3度冷やし中華を食しましたが、どうも僕には合いません
でした。たまたま行った店がそうだったのかもしれませんが、
マヨネーズがかかっていたり、タレもすこしイメージがちがい、
なんかこう、僕の好きなのはゴマ油を使っていてもっと酸っぱい
タレの硬い麺のやつ。あくまでも好き嫌いですから帰ったら
自作しようと考え中。

 大相撲は横綱白鵬の全勝優勝ということで。まあ、当たり前
というかよかったと思いますねえ。あくまでも僕は相撲ファンでも
なんでもありませんのでわかったようなことは言いませんし、
ファンのかたには申しわけないですが、稀勢の里はまだまだだと
感じました。白鵬関が自分のほうが一枚も二枚も上だというコメント
を残しましたが、その言葉の奥にはとても深い意味がこめられて
いるように思いました。たぶん気づかない人のほうが多いと
思いますが。
 稀勢の里が13連勝し、結局2敗して終わりましたが、協会の
理事長や周りの幹部たちなどは、優勝に準じた素晴らしい成績
だと言い、次の場所で優勝すれば横綱昇進!みたいな甘い
ことを。親方や力士を甘えさせるような環境をすぐ作ろうとする
んですよ協会の幹部たちが。日馬富士にしてもそうじゃないで
すか?大関時代にやっと大関を維持できていた程度の力士を
規定がそうだからといって簡単に昇格させる。大関の地位を
維持すればいいみたいな根性で生きているから強くなれないし、
横綱になったとしてもすごくモロイ。こころが備わってない証拠
だと思いますねえ。理事長をはじめとする幹部たちの根性は
みえみえ。日本人力士の活躍がないと相撲人気が萎えてしまう、
カネのことばかり考えているからですよ。ファンを馬鹿にしちゃ
いけませんよ。本当の面白さというのは真剣勝負のことなんで
すよ。負けてもその背中に拍手を送るんですよ。稀勢の里関を
本当に育てたいならすべて白紙に戻すことです。じゃないと、
日馬富士の二の舞。日本の恥ですたい。白鵬は凄いなあ、さすが、
一枚二枚?いや十枚も二十枚も上ですよ。

 大阪の居酒屋で北海道の人間だと言ったらボコられそうに
なりましたよ。阪神タイガースの調子がいいですから盛り上がっ
てるんですよ酒の席が。何が日ハムだ!みたいな。あの~、
僕はジャイアンツファンだって言おうとした瞬間ですよ、ナイフの
ような目が飛んできましてねえ。冷やし中華を喉に詰まらせ
ながらそそくさ出てきましよ。おおきに。続かないと思うがなあ、
阪神。
 ジャイアンツの原監督が村田選手のエラーと三振を機に交代
させましたね。辛抱強い原監督なんですがねえ、村田も稀勢
の里みたいに、終わりか復活か、チャンスだぞ!村田!
 高校の野球部時代の友人から今朝電話がありましてね、
「おまえは橋下さんを支持するのか?」みたいなことを言われ
ました。
「なんで?」と訊くと、
「ブログ見てるからなあ、」と友人。
オフクロの調子はどうなん?お前の身体は?ライブは?
などなど、いろんなことを心配してくれましたよ。

 支持なんかしてないさ。ただね、男が女を性の道具だと
思っているだなんて書かれたら文句のひとつも言いたくなるさ。
男は女を愛してるんですよ。それはそれは、深い愛なんですよ。


HOBO

多数派?

 どうすれば聴こえのいい受けのいい曲ができるのか?
なんてことは考えたことがないな。いや、むかし、もうだいぶ
むかし、中学のころに書いた曲はそんなんだったかもしれない。
 ブログだってそうだ。なにを書けば共感してもらえるのか?
どうすればいい人間に映るのか?疲れちゃうだろうな。ここは
ぼくのノートなのでずいぶん好きなことを書かせてもらって
いる。おかげさまでいまこんな感じ。このまま続けていくか
どうかもわからない。気ままなもんだ。
 気ままといえばぼくの生き方。いい悪いはわからないが
あまり気にいってはいない。正直に言えば自分の道に後悔
ばかりをふりまいて歩いている。うまくいかないな。これから
どうしようかと考える。なるようにしかならないのにな。

 どんなに好きなものができても親は捨てたりしないだろう。
そんな感じなんだ。何回もすぐ結婚してすぐ別れてしまう、
そんなひとの気持ちはわからない。ぼくの尊敬する先輩は、
自分の奥さんのことを<みっちゃん>と呼んでいる。いつまでも
そんな先輩をぼくは尊敬している。先輩は浮気をしたことが
ないのだろうか?もしもないならスゴイと思うな。ぼくは
今まで、仕事ができるカッコいい男で浮気を一度もしたことが
ないなんていう男を見たことがない。こういうことを言うと、
世の女性から<不潔!>だとか<最低!>だとか攻撃されそう
だが、生涯女房しか知らないなんて男は本当にカッコいいの
だろうか?あきらかに男性と女性の感性のわかれるところだ。
魅力的な女性はいつだって恋をするだろう。恋多き女が
理想とは言わないが常に真剣に生きるなら、生涯ひとりは
奇跡にちかい理想のまた理想なんだと思う。もしも先輩が
みっちゃんがいるのに浮気をしたことがあったとしても
尊敬の気持ちは変わらない。先輩は必ずみっちゃんのところに
帰るのだから。世の女性たちには本当に申し分けない。
HOBO,身勝手な男である。

 こんなことを書いても許される一般人でよかったな。
大阪の暑さにうんざりのHOBOだが、意外と夜は涼しい。
最近セブンイレブンのコーヒーが美味いことに気づいたし、
ミナミや新地も散歩した。橋下さんの発言に対して大阪
市民はもう完全OUTだろうなと思ったが意外と地元は地元
の見解があるようだ。
 この選挙のタイミングで浮気を一度もしたことのない
ような顔をして多数派に乗り換える人間のほうが、ぼくには
どうも、不埒に思えるのだが。

HOBO

おおきに。

 ポール・モーリアの唄う歌を聴いたことのある人はいるだろ
うか?指揮者であり作曲家であり親日家であるかれの歌を
ラジオで聞いた。最近出てきた音源らしい。なんていうか、
やさしくて一本調子でぶっきらぼうな歌。でもどこか、哀愁に
満ちている。いい。

 歌なんてものは上手である必要なんかないんだ。そのひとの
持っている人柄が出てしまう。人柄を磨くことだな。
 大阪であろうが北海道だろうが九州だろうが、言葉がちがう
だけで人間みんな同じなんだと思うよ。だからアメリカだって
中国だってインドだってみんな同じだ。その人が嫌いだと
思えばその人の方言や服装まで否定したくなる。

 昨日行った天王寺の喫茶店に言葉の喋れないウエイトレス
がいた。話しかけても返事もしないウエイトレスに最初は
気づかず腹をたてたわたしであるが、そこのマスターが
「この子は絵が上手なんだ、ほら、字だってこんなに上手
なんだよ!」と、わたしに自慢するのだ。
「そうなんだあ、絵が上手なんだね?字も上手なんだね?」
そう言ってわたしが笑うと、彼女もマスターも嬉しそうに
笑った。
 
 コインランドリーの場所をマスターにきいてレジまで行くと
ウエイトレスが何か紙を持ってきてくれた。
コインランドリーまでの地図だった。わたしはその地図と
短時間で描いたとは思えない詩のようなものを見て驚いた。
すばらしいコインランドリーまでの地図。
『おおきに!』マスターが笑う。
関西弁で書かれた詩のようなものは彼女の作品なんだろうな。
最後に『行ってらっしゃい!』と書いてある。
わたしはそれだけで大阪の人が、苦手だった関西弁が好きになった。

『行ってらっしゃい!』か、、、

おおきに。


HOBO

誰かを想う一途さなのかなあ。



なんかこう、小渕氏の眼の奥には誰かを想う一途さというか、
告白のような誠実さというか、ただ受けをねらって作る薄っぺらなもどきアーティスト
とはちがう貫禄がありますねえ。かれのライティングのチカラはそうとうな
もんだと思います。こころが唄わせるというかなんというか、なんていうかなあ、
言葉を、日本語を大切にするアーティストは貴重ですねえ。
ホンモノが売れている貴重な例というか、

HOBO

空。

 少し青空が見えます。駐車場に車を停めてウォーキング
でもしようかな?なんて考えています。凹んでいる時ではない
と思いますしね。体内の脂肪を燃やし、闘志も燃やし。
 B級、いやC級な世界で生きてきた俺でありますので、
わかったようなことは言いませんよ。身の丈というものが
ありますからね。

 きょうは船場モータースさんに行ってみようかな?なんて
思ってます。堺市の公園を少し歩いてからぼちぼち行きますよ。
ひとりは寂しいものですねえ。だれと居てもひとりでしたが、
さすが辛いものです。1942年製のハーレーのオリジナルが
あると聴きましてね、もしも彼がひとりぽっちなら友達になって
あげようと思いまして。バイクなんて鉄のかたまりなんですが
ねえ、寂しそうな目をするんですよ。八戸で会った馬もそう
でしたがとても寂しそうな肩のラインなんですよ。

 ひとは色んな失敗をして初めて気づくんですねえ。やんち
ゃもして、こころを弄んだり裏切ったりしてだから裏切られ。
静かな暮らしにあこがれるのは老いぼれた証拠でしょうかねえ?
愛する人と片寄せあって生きてみたいですねえ。もっと
尖ってたんですがねえ、俺最近ずいぶんまあるいんですよ。
なんだろう?この空しさは。
ずいぶん弱気だ。

 大阪堺市の公園を歩きながら見上げる空には、B級もC級も
ないんだがなあ。みんな同じ空の下にいる。


HOBO

ちょっと休憩。

DSCN0791.jpg

すすぎ。



お気に入りのリバースウエーブのスウェットを押し入れ
から取り出してみてビックリ!黄ばみでっせ!
やはり洗濯はすすぎが大事。乾燥機好きなHOBOはコイン
ランドリーファン。とくに旅の最中はねえ。

家庭で使える、洗いとすすぎが充分できて、ホンモノの
乾燥機がついている洗濯機って売ってるんでしょうかねえ?
あったら欲しいなあ。やはり洗濯はすすぎが大切だあ。


HOBO

いいものはシンプルなのだ。

大好きな歌がある。ニール•ヤングの〈孤独の旅路〉だ。
仕事に行くとき必ずこの曲をフルで聴く。さあ!行くぞ〜!
って感じになるんだ。いいものはシンプルなのだ。
この三人のテイクを聴き比べてみよう。



ニールのおなじみのテイクだ。あえてライブではなく
スタジオ録音のオリジナル盤を。



ウイリー•ネルソンのテイクだ。深みのある人生観、静かな
眼差しの中に少年のような純粋さが見えてくる。



ジョニー•キャッシュの男らしさと優しさ。ヘッドホン
で聴いていると右と左、ちがったアコースティックギター
の音が聴こえてくるが、役割というか、とにかく、いい!



    ハート•オブ•ゴールド〈孤独の旅路〉

  わたしは生きたい わたしは与えたい
  わたしは純粋な黄金の心を発掘するための鉱夫だった
  決して口に出すことの無いこれらの想いのために
  わたしは純真な心を探し続けて 歳を重ねていく
  わたしは黄金の心を探し求めて 歳を重ねていく

  ハリウッドに行った レッドウッドにも行った
  黄金の心を探して海も渡った 自分の内側も探った
  今でも切れそうな細い糸が わたしに純真な心を探させ続ける
  わたしは黄金の心を探し続けて歳を重ねた
  純真な心を探し続ける
  貴方はわたしに黄金の心を探し続けさせる
  そしてわたしは 歳を重ねていく
  
  わたしは
  純真な黄金の心を発掘するための
  鉱夫だった



青い海と空の高みに。



あ〜、こんな乾いた風に吹かれながらボンヤリしたいな。
まだ寒いジャパン•ホッカイドウ。アコースティックギターの音は、
青い海と空の高みに染み渡る。本当のこと、言葉を全部吐き出せるような
気がするな。全部だよ。


HOBO

profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。