スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい店発見!

 レザーのキャスケットを作ろうかなあなんて思いながら
パソコンをいじってたら、いい店めっけ!電話したら
つながらない。そしたら30分くらいしたら電話がかかって
きましたよ。〈CHAD-LC〉というレザークラフト、いわゆる
HOBOの好きな専門店。ボクは頭がデカイんでとかあーでもない
こーでもないと10分ほどの会話。なんとこの店のオーナーさん
ハーレーサイドバルブに乗ってるという。ボクは戌年、鼻が
効くもんですから、がはは。ブログを拝見すると、ボクと
同じくなんとまあヴィンテージGIBSONを使っていたり。
わかんないもんだ、大阪堺市にこんな店があるんですねえ。
来月行ってこよ!キャスケット作りますんでヨロピクで〜す!


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
HOBOさん。おはよう~~♪
あら。レザーのキャスケット。いいですねえ♪

しかも、特注なさりに大阪まで?
HOBOさんの面目躍如というこだわり方ですね。
楽しいなあ。
世の中には、粋なこだわりのお仲間と言える方が
いらっしゃるものですね!
そんな方のところでキャスケット作ってもらう…。
いいですね!^^

大鹿とぶつかりそうになったり、いろいろなことが
あるものですね♪
動いていればこそだなあ…
私はなかなか動けない人間だけど、せめて精神だけは、
HOBOさんを見習って、生き生きと動いていたいなあ。
彼岸花さんへ
彼岸花さん、
おそようございます!
カブリモノが好きな私です。
キャスケットといっても私は頭がデカイので、60センチくらい
のXLあたりではダメなのです。しかもバイカーキャスケットなので
ほら、マーロンブロンドあたりがかぶっていた不良っぽいやつなんです。
だからテーラーもののようにあまり美しく作られてもイヤですし、
やはり元不良とまではいかなくても、雰囲気のわかる皮職人さんでなくては
なりません。もの選びは自己表現である、したがって尖る方向で!笑

彼岸花さん、ぼくはよく温厚で優しいって言われるんですが、いっぽうずいぶん
尖ったいやなオヤジのように思われているようです。表現者は尖っているべきと
思うんですがそれは内面の尖りであり、過激な発言はときには友をも
無くしたり。正直、悩んでますよ。わからんとデス。
適当にやれないんです。ゆる〜く行きましょうなんていわれたら、カッと
しましてね、
なんか残りの人生、適当にやれる人のほうが多いようで、ああ、わからんとデス。
過去の積み重ねが今だとしたら、ここから始まるものに意味を持たせないと、
そう思うんですがねえ、わからんとデス。

ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。