スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森へ帰る。

近所に悪いカラスがいるという噂は母からきいていた。ゴミステ
ーションを荒らしたりそこらじゅうに糞をまきちらす不良カラス
である。じつはぼくもいぜん家の前の舗道で急降下してきたカラ
スに頭をキックされ帽子を奪われたことがある。町内でおきてい
る一連の事件がどのカラスによるものなのかはわからないが町民
はこのカラスのことを<デビル>と呼んでいる。
母からの情報によるとデビルは少し向こうの森に住んでいるのだ
という。どうしてそんなことを知っているのか不思議に思うが母
が言うのだからそうなのだろう。そういえばむかしからみるとカ
ラスは少なくなった。少年のころはカラスの群れを見ると不吉な
予感がして走って家に帰ったものだ。大群はみなどこの森にいる
のだろう?人間もカラスも生きにくい時代だな。

最近、家の向かい側に7階建てのマンションができた。地下鉄乗
降口まで1分ということもあってかどこの部屋もすでに空きがな
いのだという。母はいつも居間の長椅子に座り外を眺めている。
「母さん、あそこにカラスがいるよ。」と言うと、
「ああ、知ってるよ。」と、軽く応える母である。
カラスは新しくできたマンションの屋上にある大きなテレビアン
テナにとまっていた。
「いつもいるんだよあそこに。たまにうちのベランダまで遊びに
くるんだ。」と母は言った。
母の観察力はスゴい。さすが情報通、マニアである。
「あのカラスは最近、結婚したんだよ。ほら、見てごらん!」と
いう母の指の向こうを見るとさっきまで一羽だったのにちゃっか
り二羽になっている。寄り添うようにしてアンテナにとまるツガ
イのカラス。
「あれはたぶんどこかこのへんのお嬢さんだよ、品がいい。」
「そうかなあ、カラスにも品があるのかい?」
「いや、あるんだよ、品。お前にはわからないのかい?あの控え
めな仕草が。」
「控えめな仕草ねえ、、、」

ぼくはあのカラスが一連の犯行の主犯<デビル>だとにらんでい
る。デビルは体格がいい。ほかのカラスより目が鋭くそして俊敏
である。
「あいつはデビルだろ?」と母に訊くと、母は少し考えたような
顔をして首を横にふった。
「、、、違うと思う。デビルは悪いカラスだ。でもね、たとえあ
のカラスがデビルだったとしても、きっともう悪さはしないよ。
家庭をもったんだ。あんなにいいお嬢さんをもらったんだよ。」

夕陽があたる丘の向こうに小さな森が見える。ガタイのいいカラ
スのすこしあとを小さなカラスがついていく。
幸せを抱えた二羽のカラス・・・・・・

森へ帰る。



HOBO

コメント

No title
HOBOさん。もうお加減はだいじょうぶなのですか?
無理なさらないでくださいね。

カラス。昔は不吉なイメージもあったかもしれないけれど、最近のカラスは個体数が少なくなったか、ほんと、群れているという感じはしませんね。
大抵一羽で、よちよちなんか探して歩いてる。
賢い鳥なので、私はいつもカラスがいると立ち止まって観察してしまいます。^^
クルミを横断歩道にポトンと落として、車に轢き割らせて、信号が青になったら、ぴょんぴょん飛んで食べに行くの見ましたよ。^^
ブログにも書いたけれど、固くなった食パンのかけらを、水たまりに浸して柔らかくして食べてたり。^^

お母さまはすごい観察者でおいでですね。^^
カラスも見ていると可愛いですから。^^

お大事になさってくださいね。
  • 2015-01-07│13:45 |
  • 彼岸花さん URL│
  • [edit]
彼岸花さんへ
彼岸花さんこんばんは!
血圧が異常にあがってしまいました。
来週、脳外科に予約をいれました。

カラスはおそらく残飯をつついて生きているんだと思います。
その証拠に朝のススキノにはちゃんといますし、
ゲージのないゴミステーションをちゃんと知っています。
まあ、面白おかしく記事にしていますが、
家庭を待つと少しは真面目にやってくれるものだという、
母の僕に対する願いのようなものを感じ、他人事ではありませんでした。笑

四国のトピック、楽しく読ませていただきました。
写真に写っていた古い建物なども見覚えがあり、懐かしく思いました。
写真の四国の海はすこし白い波がたっていましたね。
ぼくも橋を渡るときに見た寒流と暖流の交わるところなどはすこし
怖くなりました。自然は美しいがときには恐ろしい。
凪いだ海でぼんやりがいいですねえ。

彼岸花さんこそ、お身体、大切に!
ぼくは大丈夫です。
いつもありがとうございます。

HOBO
  • 2015-01-07│22:35 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-01-08│05:46 |
  • [edit]
No title
HOBOさん。こんにちは
お体の調子はいかがですか?

今年もどうぞよろしくお願い致します

私、高校生の頃に、カラスの大集会を見たことあります。
HOBOさんのこの記事を読んで、カラスの集会を思い出して以来、
高校時代のあれこれが芋づる式に思い浮かんでいます。

思い出した若かりし頃のあれこれ、書きたいなあと思うけれど、
PC開くと、いろんな方のブログを拝見することの方が楽しくて・・・〃⌒ー⌒〃
自分のブログはほったらかしにしてしまってます

デビルかもしれないカラスに、いいお嫁さんが来てくれて良かったですね。
いつまでもデビルを愛して、そばにいてくれますように

  • 2015-01-13│15:26 |
  • Lily姫 URL│
  • [edit]
Lily姫さんへ
Lily姫さん、こちらこそよろしくデス。
お身体のほうは、なるようになっております。笑
カラスの親分は今日も電信柱のところにとまってましたよ。
Lily姫さんのコメント文章読ませていただきますとね、
文章の流れからいって、
〈走馬灯のように思い浮かぶ〉となりそうなところ、
〈芋づる式に〜〉と書いてあり、
なんか可愛らしいなあ(失礼!笑)と思いましたよ。愉快。芋づる式かあ、


デビルはお嬢さんを大切にしてくれるといいんですけどね、
ああ、ぼくも頑張りますよ。
また、伺いますね。どうもでした。

HOBO
  • 2015-01-13│18:11 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。