スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左脳ぱんぱん。

いま眼を閉じながら、ビル・エヴァンスのアルバム<Explo
rations>を聴いていました。一度聴き終えもう一度流し
ながらこのコラムを書いています。初期の作品なんですが、ビル
・エヴァンスは70年代に入ってからも素晴らしいアルバムを残
しています。彼の作品を聴いていると左側の脳ミソがぱんぱんに
腫れてくるのがわかります。へんないいかたですがね。理解しが
たいんです。皆さんがよく言われる彼の作品を聴いた感想で<美
しい>とか<聴きやすい>とか<お洒落だ>とか、ジャズの初心
者でもとくに女性に人気があるとか、いろんなことを書かれてい
る書物を読んだりしました。しかしそんな印象とはちがう。左側
の脳ミソが腫れるというのは理解の枠を越えているという意味な
んですが聴いていてぼくのような凡人にはかなりキツイ音楽です
。右脳を使い感覚的に聴くのは簡単ですよ。しかし、重厚で、辛
辣で、まるで狂気。サロンミュージック、BGMにはなり得ない
部類のホンモノだということがわかりましたよ、少しですがね。
これはいい。この作品がいいというより、ビル・エヴァンスは素
晴らしい。こころを削りながら叫ぶように呟く彼の指先から歌が
聴こえるようです。ジャズというより、ビル・エヴァンスという
ジャンルの音楽にくびったけ。

なんどもなんども、左脳をぱんぱんにしながら。これはやりがい
のあるトライですねえ。



HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。