スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながる。

レコードジャケットってカッコいいと思うな。CDだとなんか味
気ないがLPのジャケットは見ているだけでウキウキでだ。使っ
ている写真や絵、文字の色や配列を眺めているだけで勉強になる
んだ。デザインヒントがあふれている。

ずっと探していた<1958マイルス>を見つけた。ビル・エヴ
ァンスとマイルス・デイビスが演っている唯一のLPだ。じつは
このLPのジャケットは池田万寿夫がデザインしているのだがけ
っこう気にいっている。ジャケ買いして失敗するときもあるが、
楽曲内容が素晴らしく更にジャレットがいいとなればそれは特別
なものになる。そんなことから池田万寿夫に興味をもちそれを調
べたりするのも楽しい。ひとは必ずセンスの繋がりを持っている
のだと思うが、自ら飛び込まないとそこには行けないのだ。ジャ
ズのことばかり書いているがぼくはしばらく止まらないと思う。
行くところまでいかないと気がすまないというかこれはぼくの性
格だな。たとえばピアノのことを調べたかったのは、五木寛之の
<ステッセルのピアノ>を読んだからだ。どうしても金沢と浜松
に行く必要があった。そしてどうせなら<青春の門>の舞台にな
った九州にも。ぼくは五木寛之の作品を読んでロシア文学に興味
をもった。かれの作品に出会っていなければドストエフスキーや
プーシキンも読まなかっただろう。ぜんぶつながっている。踏み
込まなければ知り得なかったセンスの途だ。一貫性のある生き方
は薄っぺらな感性には宿らない。突っ込んで突っ込んで深みには
まることで気づけるもの。ジャズから池田万寿夫、五木寛之から
ピアノ、ピアノからビル・エヴァンス、ビル・エヴァンスからマ
イルス・デイビス、オーディオからコーヒー、コーヒーから槌起
銅器、みんなつながっている。そしてそこには必ずそれにまつわ
る<思い出すひと>がいるということ。ぼくの<好き>という感
覚はひとより強いのだと思う。好きな街には必ず思い出す人がい
る。動かなければ出会えなかったひとたちだ。出会い、大切にす
る。大好きなひとにはぼくは厳しい。好きになる礼儀だと思うか
らだ。

今度はどこにつながる自分なのか知りたいと思う。ホンモノにつ
ながる自分でいたいと思う。つながる、いろんなふうに。


HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。