スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の中のミリタリージャケット。

最近またオシャレな女の子たちがMAー1を着だしたようだ。ち
ゃんと501をはいてアイリッシュセッターなんかを合わせるあ
たりはなかなかのもの。いつの時代もわかったヤツはいるもので
頼もしいかぎりである。MAー1のホンモノはレプリカとはかな
りシルエットがちがう。1950年代の裏地がグレーのものは少
なくなった。持ってはいるが重たくて疲れてしまう。街で見かけ
る洒落た女の子は裏地がオレンジのものを着ているようだがシル
エットがどうも70年代のホンモノに見えた。じつはその時代の
ものが個人的にはいちばん好きで僕は押し入れに何枚も持ってい
る。MAー1はじつにカッコいい。

僕の部屋にはヘミングウェイとデニーロのでかいポスターが飾っ
てある。ヘミングウェイはすりきれたツィードのジャケットを着
てニットの帽子をかむり手帳を開いて眺めている。デニーロとい
えばモヒカン頭にサングラスでMー65ジャケットのポケットに
手をつっこんでいた。映画『タクシー・ドライバー』のデニーロ
はカッコいいな。デニーロは映画のなかでMー65ジャケットと
タンカースジャケットを着ている。映画『ハンター』で着ている
マックイーンのMAー1にしてもそうだが、どうして軍モノのジ
ャケットはカッコいいんだろう。着るひとがいいからだ?ああ、
たしかにそうだ、しかしそれらの服はちゃんとしたベーシックと
いう個性を持っている。誰でも着こなせるものではないが自信を
もって着れるひとにはかなり自由なアイテムだろう。

大阪に≪マッシュ≫というミリタリーショップがある。日本で最
もマニアックなミリタリー専門店だが、昨日そこの社長から電話
がかかってきた。≪Mー65ジャケット≫のセカンドタイプを復
刻したので連絡をしました、と社長。あまりこのようなところで
こういうことはライバルが増えるので言いたくないのだが、社長
の作るものは完璧というか、実際にアメリカ軍の工場にあった当
時の生地を使ったり幻のファスナーなんかもふつうに使ったりし
て当時のままの製法で当時と同じ糸、同じ寸法で作るものだから
ホンモノと見分けがつかない。現代風にアレンジされたチャラい
ものとは根性がちがうのだ。ホンモノにかぎりなくちかいニセモ
ノほどにくらしいものはなく、僕がもっとも嫌うものであるが、
なぜか社長とはウマがあう。究極のニセモノはお茶目さん。もは
やレプリカではない。

押し入れからぺったんこになったMAー1をとりだした。70年
代のアルファ社。ホンモノのようなニセモノだ。しかし、このふ
くらみの独特感はかなりイケている。ヘミングウェイとデニーロ
にはおやすみなさいと言った。明日、MAー1を着て散歩をしよ
う。月曜日は病院だ。

そういえば、
『レオン』で、マチルダもMAー1を着ていたな。


HOBO

コメント

ハツコメです。
いつも楽しく拝見してま~す!
ホーボーさんの引き出しの多さにはビックリです。ついつい読破。【誰も知らなかったHOBOの歌】と【MR.HOBOのブルースな毎日】も、ためになる刺激的なブログ。私は佐世保のブルースガール。
  • 2015-02-15│04:57 |
  • 佐世保がーる URL│
  • [edit]
佐世保がーるサンへ
それはそれはありがとう。
佐世保にはひいきの喫茶店があります。
おばあちゃんの店、猫がいる店なんですがね。
佐世保の商店街をぶらぶらするのが好きですよ。

またいつでもいらして下さい。作品のほうもサボらないようにしますんで。笑


HOBO
  • 2015-02-16│02:19 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。