スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のゼロ。

母が肩をゆらしていた。昨日と今日、テレビで『永遠のゼロ』を
やっていてそれを観て泣いていたのだ。「この戦争はまちがいだ
った、、、」と、何度もつぶやきながら母は泣いた。
日本は焼け野原から這い上がり、深い教訓を抱きしめながら発展
を遂げてきた。母の言うように「この戦争はまちがいだった、、
、」という後悔の念が人のこころを強くし優しくもしたのだと思
う。海の向こうのあちこちでいまだに戦争が起きている。世界中
の人たちがみんな幸せに暮らすためには、まず武器を捨てること
だ。永遠のゼロ、宮部久蔵のように、誰かの身代わりになり死ん
でいく勇気などもてる自分ではない。というか馬鹿げている。ど
れだけ命の無駄遣いをしたことか。だからせめて自分の命だけは
大切にしよう、頑張って生きなけりゃ、ただただ申し訳ないと思
う。

ひとのために、、、それはそれができてからいうことだ。


HOBO

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-02-18│00:10 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。