スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性バーテンダーのいる店でバーボンを。

 まあ、あくまでもこれはとても個人的なノートですから、
遠慮なく好きなことを書かせてもらいますが、歳がいってからの
友人というのはいいなと思いますね。いやとてもいいもんですよ。

 GON、AKKI、お疲れさま! まあ、過ぎたことは忘れよう。
たとえばうまくいかなかったライブのこととか、太った女のこと
だとか。そうだな、BARがいいと思うよ。なんかで見たんだよ。
女性オーナーのいいBARが帯広にあるって。オレはワイルドだから
さ、ロックでいっちゃいますよ。本格的に暑くなるまえに、
十勝の星でも眺めながらさ、

 歌っていいな。友っていいな。
女性バーテンダーのいる店でバーボンを!


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
良くも悪くも わかってるから、友達で居られるのかね!

悪口じゃ無いよ、、! むしろ エール! だよ
AKKIへ
そりゃそうださ。
ケツの穴がデカイんですよ。

HOBO
タイトル
いいなあ。みなさんの友情は…!!!
あ。こんな書き方するとくすぐったいかな(笑)

いい女性バーテンダ―のいる店、って想像するだけでいいですね。
あとはやはり、渋~いおじさまバーテンダーがいいなあ。
なにも余計なことは言わないけれど、こちらの気持ちや体調やなんかを
一目で察してくれるような。

関係ないんですけれど、国鉄が民営化された頃ね。
各駅が、独自で集客の努力とかしなくちゃいけなくなったでしょう。
私は、すっごく乗車率の良い、中央線(代表的な黒字路線ですよ~)の
沿線に住んでるんですが、その、とある駅にはね、元国鉄マンのおじさまたちが
ギャルソンを務めるカレー屋さんが出来たの。
ま~。慣れないからその積極ぶりは痛々しいほどにつたなくあぶなつかしげで(笑)。
でも。なんか。なんか良かったな~~~……
あったかくてね。真面目で、おとなで。

彼岸花さんは、2日ほど体調悪く、ふらふ~らしていました。
というか、寝込んでいました!^^
怒りすぎの嘆きすぎです!(笑)でももうダイジョブ。

このお部屋も居心地のいい空間になりつつありますね♪


彼岸花さんへ
いや、というかこのまえ行った飲み屋に太ったホステスがいまして、
ライブの熱い話をしているのにまったく場の空気が読めないわけ
です。やはり静かに呑みながら話ができるのはBARがいいのではと、
バーテンダーはけしてでしゃばらないし、そういえば有名な女性
バーテンダーが経営するBARがあったな、みたいなこんな流れであり
ます。

中央線といえばむかし荻窪の駅のちかくの焼き鳥屋でデビュー
したての若者と朝まで飲んだことがありました、事務所の人たちも
一緒にでしたけどね。中野サンプラザホールで〈ハッピーフォークフェス
ティバル〉の全国大会があったんですよ、1980年のことです。
ぼくは北海道代表で出場しました。そのときゲストで出演していた彼と
荻窪で飲んだわけです。いまはもうBIGですから連絡なんかできませんが、
荻窪の町にはそんな想い出があります。
国鉄マンのカレー屋さん、いいなあ。

デモに出てはりきりすぎたんじゃないですか?
けして無理せず頑張ってください。
いつもありがとうございます。

ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。