スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノの話じゃないんだよ。



ラングリッツ名古屋。
ラングリッツレザーの日本総代理店が名古屋にある。
コアなハーレー乗りはここの革ジャンを着る。ホンモノ
を扱うHOBOお気に入りのショップである。

DSCN0704.jpg

ディスプレイなどもとてもこだわっていて
オーナーの本気具合がわかる。

DSCN0698.jpg

1946年?のナックルが店内に。非常にオリジナル度の
高いヴィンテージハーレー、下世話な話ではあるがオリジナ
ル度の高いこのようなナックルだと600〜800万円、
1000万円を越えるものだってあるのだ。

DSCN0697.jpg

カネが無ければ買えないが、これは金持ち
が手にいれるバイクではない。本気な男が買
うものなのだ。ラングリッツレザーの革ジャン
は全てオーダーメイド。30万円はかるく越え
る。本気じゃなければ買えるものではない。

DSCN0702.jpg

まったくもって素敵だ。オーナーの岡本氏
はボクより少し若いが、彼が本気で立ち上げ
たこの会社のこの店のボクは客なのだ。
「わたしはこの店の客なんですよ!」と
自慢してもらえるようなカフェをボクは目指
している。感動のレベルを上げるためには
色んなホンモノを見る必要がある。だから
ボクは旅をするのだ。

DSCN0894.jpg

ちなみに、これはボクがいちばん最初に作った
ラングリッツレザー、コロンビア。





 1980年のハーレー、FXSローライダーがあるときいて札幌市
内のある専門店に見に行ってきた。ちょっとみとてもキレイな黒いロ
ーライダーだ。240万円。1340ccのショベルは荒削りで迫力が
あるがボクの好みではない。やはりショベルヘッドは1200ccの
ほうが面白いように思う。あくまでも個人的ではあるが。
 付いているパーツはオリジナルのようだが残念なことにメッキも
塗装も全部やり直してあるいわゆるレストア車。FXSローライダーの
完全オリジナルであれば240万円なら安い。本来のオーラを全て
かき消してしまうのがレストアという作業。レストアしてあるものは
モノでも人間でも好きになれないHOBOなのだ。
 
 先日日本酒を飲み過ぎた焼き鳥屋にそう言えばレストアしたとすぐ
わかる女性スタッフがいた。鼻も目もアゴもみんなレストアさている。
ボクが思うにあれはヘタクソなレストアだ。たとえどんなブスでも親
にもらった顔は素晴らしいと思うHOBOであるがどうなんだろう。
人生を笑って送ると目のふちにシワができてしまう、いいじゃないの。
怒ってばかりいると額にへんなグニャってシワがよる。いいもんじゃ
ない。過去の積み重ねでできた顔がイヤで顔をいじっちゃうひとは過
去に自信がないんだろうな。ほら、いま話題のなんだかっていう保険
金殺人の容疑者の女性の顔はたぶんオリジナルだろうが過去の行い
が作った顔だと思うとみょうに納得したり。だからあれはあれでいい。
もしも彼女が焼き鳥屋の女性のようにレストアして普通の顔になった
らまただまされる人がでてくるかもしれないからな。
 オリジナルの正直さがいい。できればこころに化粧などせずスッピン
のままでいてもらいたい。親がつくった人間じゃないよ、それは自分
の過去がつくったんだよ。きょうレストアハーレーを眺めながらそん
なことを考えた。オリジナルがいい、ぜったいオリジナルがいいんだ。
ぼくはそんなこころに触れていたいと思う。

 モノの話ではないんだよ。

 ラングリッツレザーの話からこんなんなった。なんか知らんがこう
なった。ボクはおんぼろでもいいからオリジナルな生き方をしたい。
レストアなんてとんでもないということだ。モノの話じゃないいだよ。
そしてラングリッツは素晴らしい、
ということで。



 じつは本当のことを言うと、ボクがいまいちばん欲しいモノは、
歩行器なんだ、おふくろの。


HOBO


 
 

トラックバック

コメント

タイトル
最後の2行に、息がつまりそうになりました。
お母様、おだいじに。
タロコさんへ
気はしっかりしてるんですが足が弱いんですよ。
おふくろは上半身はマツコデラックス、下半身は松本伊代
みたいなものですから負担がかかるんですね。
困ったもんです。せいぜい30メートルに一度は休むんですが、
よろよろして寄りかかったフェンスが倒れてしまいそのままコロん。
骨折マニア老人ですよ。カタログを取り寄せましてね、
歩行器が欲しいHOBOであります。

そうそう、いま、そちらはブラウンストーン造りのあの辺りに
〈ダツサラ〉だかっていうラーメン屋があるってテレビでやってました。
いってみたいな、

HOBO
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012-11-17│01:46 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。