スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合で想う故郷、母のこと。

DSCN0833.jpg

 みんなそれぞれ想う故郷があるんだなと思いますね。こうして
故郷を離れ遠くから眺める暮らしちょっとまぶしく、ちょっと切な
いような、南の果てから北の果てまで、あとは北上するのみの旅で
あります。
 ぼくの家はこの最上階にあり身体が不自由な母は今日も窓の外に
ある風景に話しかける毎日のようです。雪の歩道は滑りやすく歩行
器もうまく機能せず地下鉄駅上のマックスバリューまでの買い物も
断念、お気に入りのニューバランスのスニーカーの出番がないと
不機嫌そうな母。もうすぐ帰るから。


 思えば11月17日の深夜、苫小牧から車ごと船に乗ったHOBO。
フェリー会社のフロントの女性にできるだけ一人になれる静かな
部屋を依頼。
「わかりますよ~、お客様のお気持ち、それでは特別に、特別です
よ!ふだんあまりおすすめしないお部屋にご案内しますね。」な~
んてずいぶん親切なフロントレディ。
「ほお~、おれは特別なんだ!」とまんざらでもない。
「これでゆっくりできる」
と、部屋にいくとなんと船の最先端のそれもいちばん窓側のベット
ですよ。はは~なるほどこりゃ特別だ。甘く見られたもんですよ。
あとから船の風呂場でトラックの運ちゃんにきくと、
「そりゃ揺れるぞ~、今日なんか3メートルの波だ。」ですって。
まあ、最初のうちはそうでもなかったんですよ。少し寝ましてね、
3時間ぐらい寝たでしょうかね、そしたらもうぐわんぐわん揺れる
なんてもんじゃないんですよ。初めて船酔いを経験しました。
これが特別の意味だったのか!あのヤロー知ってて、特別ですよ、
今度会ったらたたっ斬ってやるわ!な~んてそんな迫力もないんで
すよ。しかたなく船の真ん中辺あたりのロビーの椅子で丸くなって
ましたんで風邪をひいちまいました。


 なかなか風邪が治らなく昨日ついに病院に行ってきましたよ。
「肺炎でしょうね、初期の」ですって、ドクター。入院するべきだ
と周りのひとは言うんですよ。急ぐ旅でもないんでそれでもいいん
ですがさっき病院を出てきました。
 ぼくが今回旅にでる1週間ほどまえに母は道で転倒し肩の骨を
骨折しましてね、それでなくても足が弱く、なにせ前にも言いまし
たが、上がマツコデラックス、下が松本伊代ですからそりゃあ足に
負担がかかるわけです。肩をギブスのようなもので固定してますか
らベッドから起き上がったり食事なんかも大変だったんですよ。
ぼくは「入院するべきだと思う。」と強く言いましたよ。また転倒
でもしたら大変ですし周りのひとに迷惑をかけますから。しかし
B型の頑固な母ですよ。「大丈夫!」「大丈夫でないから!」
「いや大丈夫!」こんな感じですよ。しまいにギブスも勝手に
はずしてしまう始末ですから。
「どうやって治すんだよ、ワガママにもほどがある!」
と怒りましたよHOBO、心配ですからね。
「気合で治すから、気合で。」と、母。
「気合?バカ言ってんじゃないよ、気合で治るわけないじゃん!」
「いいからお前は九州でもどこへでも行きなさい。母さんいつも
気合で生きてきたんだから、大丈夫!」


 昨日点滴を受けながらドクターの話を聞いていましてね、
「これからどうするんですか?本当に入院せず大分に向かうんです
か?ムチャだと思うがなあ」と、ドクター。と、うなずく看護師。
「いや、ぼくは不死身なんですよ、気合で治しますから!」
「気合?」
鼻で笑うドクターでした。


HOBO

トラックバック

コメント

大丈夫?
こんにちは!
せっかく旅行に来て入院、というのも
もったいない話ですが、肺炎を甘く見てはいけませんよ。
HOBOさんの場合、気合でなんとかなるかもしれませんが。
どうか無事でありますように!
  • 2012-12-01│09:22 |
  • 只野乙山 URL
  • [edit]
No title
HOBOさん。旅を続けてらっしゃるのかな。
無理をなさってはいけませんよ。
  • 2012-12-01│22:26 |
  • 彼岸花さん URL│
  • [edit]
No title
気合もなかなか通用しないようです。
あいにくの雨でしてね九州。
車の中の空気を入れ替えて、ブルースウイルスに
出ていってもらわんと肺炎に気合は効き目がないですよ。
乙山さん、焼酎っていうのもよかものですねえ。

HOBO
  • 2012-12-02│18:31 |
  • 乙山さんへ URL│
  • [edit]
No title
やっぱり前回もそうでしたが2週間たつとホームシック
ですねえ。からだがいうことをきかなくなると、頼りは
病院なんですね。わかりましたよ、《気合》の意味が。
まだまだひとりで大丈夫!という心意気だったんだな、
と。

HOBO
  • 2012-12-02│18:35 |
  • 彼岸花さんへ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。