スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝をかかえて。

 札幌の気温はマイナス10度ぐらいですね。じつは
ぼくが生まれ育った町は昨日もマイナス30度。それから
みたら札幌の気温なんて楽勝じゃないか!いやちがうんです、
環境がぼくを根性なしにしましてね、ブルブルですよ。
寒い寒い、まったくもって寒いのです。北海道の冬は2月が
最も寒いといわれます。あ〜あ、どうなることやら。

 タウン誌なんかをぺらぺらめくりながら真面目な店なんか
を探して足を運ぶように心掛けています。前にも書きましたが
主人のいない喫茶店は喫茶店ではない、みたいな。でもだいたい
行ってみると主人のいない店のほうが多いのにはビックリします。
だいたいアルバイトみたいな人がいて。ああ、これでは専門店
とはいえない。うんちくは並べるくせに店に立たないオーナー
の店。それじゃあそこいらのマニュアル化されたファーストフ
ードの店と同じじゃないの。喫茶店の顔をした喫茶店のようなもの。
誰が淹れても同じ味。素敵じゃないの!あり得ないから。

 なにかこう胸がしめつけられるような悪寒っていうんですか?
ほら、見に行った教会あとの物件のことですよ。ぼくのこころが
よほど汚いから神はぼくのハートを攻撃するのかわかりませんがね、
やはり神がいたところで商売をするなんてことは考えるべきでは
ないのでしょうか、、とても不評であります。周りの意見など聞き
入れるHOBOではありませんが今回はヤメときますわ、ロケー
ションはいいんですがね。あせることはない。

 誰だかわからないひととコミュニケーションを簡単にとる時代
ですから疲れてしまいます。薄っぺらな友情みたいなものに支配さ
れて、少し真剣にものを言ったら厄介なことになる。人間なんて
そばにいて呼吸をききながら愛し合ってもわからないものなんで
すよ。そこいらのそこいらの町のそこいらの誰かを探しながら
旅するぼくですからね、こころのこもった会話がしたいんですよ。
誰と手をつないで歩いて行くのだろう?それは自分の正直さと
あと何が必要かなあ?コーヒーの淹れかただとか道具のことじゃな
い。あなたがどう生きようとしているのか聴かせてほしい。
語らず、ただウマいコーヒーが飲みたい。そう思うのです。

 あせることはない。味というものは深いのです。歌でもなんでも
そうじゃないですか。いろんなものを見たり聴いたり試したり、
その中に埋もれている自分に早く気づくことなんでしょうねえ。
埋もれているんですよ、膝をかかえて。
寒い寒い。寒いんですよ。


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。