スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタリサワリの無い日常なら。

 気心の知れた仲間であっても想いの根っこはいろいろ。また
ここにも日常のアタリサワリの無い付き合いがはびこるのかと
思うと心を切ってしまいたい、そんな気持ちです。
 
 暴力が良いか悪いかと問われればそりゃ悪いに決まってるの
です。それは今も昔も同じ。むかしヤンキーだった、今はずい
ぶんエラくなったひとがむずかしい言葉を使いながらテレビで
しゃべっていました。そりゃあ暴力は悪いに決まっています。
 ボクは小さい頃から冬はスピードスケート、夏は野球と、高
校に入学するまでスポーツざんまいの生活でした。竹のほうき
で殴られたこともありましたし、正座させられ竹刀で肩をバン
っとやられたこともありました。OBには胸ぐらをつかまれ、
それこそ恫喝されたことだってあります。たしかにあまりいい
想い出とはいえません、、、
 
 もともとはすべて個人のことですからそのかたがどう受け取
るのか?そこが大切なんだと思います。日本柔道の世界では、
金メダリストがワイセツな事件をおこしたり、今回は15名
の選手たちから監督の暴力行為を告発されたり、まだこれから
いろいろ出てきそうな感じであります。タイミングがタイミン
グでしたから問題もさらに大きくなるような、
 どうして日本はオリンピックや世界の舞台で勝てないのだろ
う?柔道や相撲、その他のスポーツにしても、なぜ外国人に
やられてしまうのだろう?暴力がいいか悪いか?さきほども言
いましたが悪いんですよ暴力は。しかし、
 監督に暴力まで使われないと自己管理ができないのだろうか
?監督は環境だけを作って選手のやる気を促す。あとは選手が
技量をみがけばいいじゃなか。15名の連名、このタイミング
、本当に監督だけが悪く、被害者は選手たち、そう簡単にかた
づけることができるのだろうか?日本柔道や相撲が最近とくに
弱体なのはなぜなんだろう?

 小学のときこんなことがありました。先生がイキすぎた指導
?をしたために生徒の父兄が職員室に苦情を言いにくる。毎度
毎度ことあるごとに来る父兄は同じなのです。他の父兄たちは
「そんなことぐらいで、、」と言いました。じゃあどれぐらい
なら行き過ぎではなくどれぐらいからは行き過ぎなんでしょう?
すべては受け取る側の考え方によるのです。
 ボクは自分の母親には強く生きてもらいたいので、言いにく
いこともずいぶん強く言うようにしています。他から見れば、
「なんでそこまで、、、」みたいに映るのでしょう。親子であ
ってもそうなんです。母は「どうしてそんなにいじめるの?」
と泣いています。「母さんに強くなってもらいたいからだよ!
どうしてそれがわからないんだよ!」そんな感じなのです。親
子であってもそれぐらいの信頼関係なのです。ただしこれはHO
BO家の場合です。他はちがうのかもしれません。受け取る側が
イジメだと思えばイジメなのです。きっと何だかっていう柔道の
監督だって選手が憎たらしくてやったことじゃないですよ。選
手と監督の信頼関係が薄いということなんだと思います。

 当たり障り無くやらなければ訴えられるんです。「真剣に取
り組もうぜ!」と言ってるのにその度合いがそれぞれちがうわ
けですから。本当に世界をとりたいなら自分ひとりで強くなる
ことですよ。それが自分でできないなら他人に管理してもらいな
がら我慢すべきです。その度合いがどうだとかそんなことは論議
しても結論はでませんよ。それで不満なら世界をとろうなんて
思わないほうがいいんですよ。「だれが世界をとりたいって言っ
たんですか?」開き直られておしまいですよ。この世は真剣にな
る人がバカを見るんですよ。そう思いたくはないんですがね。
 親友、親子、恋人、そんな仲にも、親しき仲にも礼儀あり。
当たり障りの無いそんな日常がはびこるのかと思うと、心を切っ
てしまいたい、
そんな気持ちです。

 松岡修造みたいに、
「お前ら、簡単に世界世界って言うんじゃねえ!」
わかりますねえ。今度は『お前ら』その言い方が悪いって訴えら
れますよ、松岡さん!

HOBO

----------------------------------------------------

 あっ、それと、これは余談なんですがね、ボクもかつてそう
だったんですが、最近ボクの友人もそんな感じでして、要するに
仕事のしすぎというか、毎日夜中まで仕事ををしてるんですよ。
女房子供のため自分のために頑張るんですよ。ボクらの世代な
んかは特に仕事が趣味だという人も多かったですからね。それ
こそ公務員になればよかった!なんて思ってももう遅いですし
なりたいとも思わないし。だから頑張るかリタイヤするかどち
らかしかないわけですよ。なにも文句も言わず頑張る人。頑張れ
ない人。それを外部からのハラスメントととるのか、自分のふ
がいなさとしてあきらめるのか、それとも奮起し打開するのか、
すべて自分なんですよ。違法だと言って労基に泣きつけば、
「それはマズイぞ!」となるわけですよ。でも、どうしても掴
みたい夢なら、殴られても蹴られても!逃げられない。オリン
ピックでメダルをとるというのはそれほどスゴいことなんだと
思いますよ。殴られても蹴られても歯を食いしばって仕事をす
る。そんなことって、ナンセンス?違法?時代遅れ?
死ぬか生きるか!そんなことだってあるんですよ。
気合いと根性を否定するなら、自立しろ!

わたくし思いきり誤解されてません?
いいんですよそれで、
まあ、すっかりカドがたってしまいましたが今回の柔道の件に
つきましては、
〈結論〉男性が女性たちをまとめあげるのはとてもむずかしい
ということです。生理的にムリだと気合い根性は通用しないと
思います。たとえそれがどんなスポーツであろうが仕事であろう
が、女性は納得しないと絶対に動きません。わたしの経験より
、、、汗
もっと女性には、敬意を。
暴力は×
------------------------------------------------------


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。