スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混乱するバーボンな夜。



しかし、ライ•クーダーがやってるCMなんですから、
なんかアーリータイムズだけを飲みたくなりますよ。
いつもバーボンはターキーかグランダット、ダットなんか
57度でしたっけ? 40度のアーリータイムズかあ。
強ければいいってもんじゃないからなあ。
しかしまあ、GIBSONとバーボンは似合いますねえ。
いやんなっちゃうぐらい似合います。
ブルースとかJAZZとか聴きながらホンコンやきそば。
混乱するぐらい素敵な夜。HOBO、また旅に出ますよ。

HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
HOBOさん。旅ですか。
今度はどちらにいらっしゃるの。

馬のいる風景は八戸ですか…。
九州にも野生の馬たちの放し飼いになっている都井岬というところが
あります。
ああ…私も、灯台の見えるところに行きたいなあ…


ライ・クーダーのこのコマーシャル、大好きでした。
ライ・クーダ-は4歳の時、片目を失明してるんですよね。
でも、そんなこと全然感じさせない。
ギターを弾くのだって舞台などでは大変だったでしょうに。
このCMもなんという美しい佇まいでしょうか…

美しく生きたいものですね…。

いつ旅立ちですか。教えてくださいね。





彼岸花さんへ
そう、ライは失明してるんですよね。
ぼくはほんとうに恵まれてるんだ。そうだよなあ。

灯台の見えるところといえば、
今回は日本海側、新潟には鎚起銅器の打ち合わせがありますので、
新潟とか富山とか石川とか、どうなんでしょうかねあのへんは、
ライがCMの中で弾いているギターは80年ぐらい前のGIBSONなんですよ。
ごろんとした音が出るんです、ネックがバカみたく太い。
塗装なんかもカサカサに乾いてましてね、古い楽器というものは
ヴァイオリンでもピアノでもいいもんですねえ。
できれば、これっ!というギターを1本だけ残してそれを持って
旅をしたいですね。今回は傷心旅行みたいなもんですから、ライブで
やるはずだった6曲をどこかのライブハウスで演ってきますよ。


1  どしゃ降り純情物語
2  こころ
3  ばあばの手
4  ありがとう
5  無垢のうた
6  たとえば


まぼろしのライブでした。
彼岸花さんにはCDでお楽しみいただきますよ。
いつもありがとうございます。


HOBO
タイトル
ああ、そうか。
鎚起銅器の打ち合わせなどにいらっしゃるんですね。
それは楽しみですねえ。^^
おもに北陸ということになるのですね。
雪道には気をつけてくださいよ。

ライブは残念でしたが、きっと旅でいい出会いがあるわ。
飛び入りの、飛びっきりの、ぶっ飛んだライブ!^^

はい。CD。楽しみにしていますね♪

80年ぐらい前のGIBSON…。
いいですねえ…。
HOBOさんもいよいよ一人の真正のhoboらしく。ですね。^^
ギター一つ道連れに。
…そうやって男たちは旅をしてきたんですねえ…




彼岸花さんへ
母の手術のタイミングがあるもので、ちょっとやっかいな時期
なんですホントは。
北海道はヒドイ雪で道東のほうではきのう死人まででました。
車が目的地まで着けないんです。災害ですよ。
いまもゴーゴーと風が吹いてコワいぐらいです。
旅にでても車中泊なんてしないほうがいいでしょうね。
北の春はまだ遠いのです。

HOBO
GIBSONですか。GIBSON L501934年のギターが病院の待合室に飾れてました。こぶりなギターですねぇ、じ~っとみてしまいました。時を感じます。
  • 2013-03-03│10:48 |
  • t.gray URL│
  • [edit]
t.grayさんへ
1934年のL-50ですかあ、、、いいなあ。
ドクターはかつてJAZZってたんでしょうかねえ?
それはピックギターなんですよ。
しかし、GIBSONっていう会社は恐るべしデス。
マーチンとはちがう、なんていうかそのお、労働者の顔つきなんですよ。
その病院にしばらく入院して強奪しなければ!
なんて。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。