スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春。

 御茶ノ水駅からまっすぐ行くとなんでまたあんなに
いっぱい楽器店があるのかなあ?そのかわり駐車場が
少なく喫茶店もないときてる。学生が多いのでみょうにメガ
な食事店が目立つ街。古い橋の上からずっと下のほうに
プラットホームが見えたり、ちょっと見渡すと背の高いビルが
排気ガスでかすんで見えるのに川のふちに桜が咲いていたり
する。都会の春は北海道の春とは趣がちがうぞ。東京の人は
足早だ。なんか寂しい夕暮れを散歩する。春なのに寂しい
散歩をする北海道の中年。トートバッグに夢を突っ込んで。

 みんな成功と失敗の2種類しかないような顔をしながら
生きていくのだろうか?それともどちらでもない中間を旅する
無責任さ知っているのだろうか?無責任とはいわないが
図々しい強さを身につけて歩いている。成功と失敗のほかに
なにがあるのだろう?考えるのもイヤになるぐらい春なのだ。
 春はどこに行くのだろう?祭りの出店みたいなものなんだ
ろうか?少年のこころをもてあそんでまた次の年もやって
くる。冗談じゃないぞ!ああ!なぜか腹がたつ。また春が
来るのを待ってしまう自分に。今回で終わりにできないもの
だろうか?桜はちゃんと咲いていて、きっと全部散らせてし
まう。おれは咲いてもいないくせに散ってしまうんだろうな。
半端な生き方だ。こころの内側、誰かのこころの内側に
散ってみたいものだ。


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
HOBOさん。こんにちは。
今、東京にいっしゃるの?
お茶の水から神田界隈。ほんとに楽器屋さんが多いですね。
半年ほど前、私も同じ橋の上に佇んでいましたよ。
娘たちと一緒でした。楽器屋さんの店先にも中にも
ギターのたくさん並んでいるのを見ながら、HOBOさんなら、
種類も価値もおわかりになるんだろうな、なんて思ってましたよ。^^
そうですか…神田川の同じ眺めを見てらしたんですね。
地下鉄丸ノ内線がちらっと表に出て来て中央線と交差して…
湯島聖堂とニコライ堂と…。

桜という花は、なぜか一人で見るのは寂しいですね…
梅や桃や杏の花はそんな感じがしないのにどうしてでしょう…
東京の街は桜の樹が多いでしょう?
川べりに…公園に、小さな神社に…古い路地のつきあたりに…
至る所に桜がぼおっと白く咲いています。
不思議なことに、常磐線などで千葉の方へ向かうと
桜の樹が少ないのです…
東京…この虚飾の街に、桜はなぜか合うの。

今日はどちらにおいでなのかな…?



サクラはまだ大丈夫のようですね。
こんばんは。
東京は冷え込んでダウンを着ましたよ、と知人が言っていましたが、どうですか、お変わりありませんかね。そのおかげでサクラはもっていますとのことでしたが。

こころの内側、誰かのこころの内側に散ってみたいものだ。

ジ~ンと来ますね。
  • 2013-03-30│01:39 |
  • t.gray URL│
  • [edit]
彼岸花さんへ
コメント遅くなりまし!
正直、関東地区の桜のありようにはビックリしています。
先日、戸田市から千葉に行くときなんかも川べり、もうずっと
桜の樹が!その下でテントを張ったり、散歩したり、
日本って素晴らしいと思いました。桜日本ですよ。
谷内俊文さんの作品は力があって、というか、正確な主張というか、
見たかったなあ。素晴らしい。まるで歌のようなんですよ。
ブルースみたいだ。
東京がとくに好きということでもないんですがね、
戸田橋からちょっとむこうにアパートでも借りたら、渋谷だって
そんなに遠くないですからね。古い物件もいっぱいあるようですから、
でも、高っ!まあ、もう少しだけ関東で仕事をして18日の母の手術に
間に合うように帰ります。札幌はまだ遠い春のようです。

HOBO
t.grayさんへ
さすがに寒い関東であります。
やはりいつも思うのですが、20間が限界のようです。
ホームシックブルースが唄いたくなるんですよ。
シンプルな生き方、まだ桜ががんばってますよ。
もうすぐ帰ります、北海道。ワーゲンに乗りたい。
4月、がんばりましょう!

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。