スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性という友。

 ブログというとても個人的なものを始めてもう5年ぐらい経つだろ
うか?よく続いていると自分でも感心する。今ぼくがリンクさせて
もらっているかたがたはすべてぼくの信頼できる人だ。なぜ会った
こともないひとを信頼できる人だなんて言えるのか?それはぼくに
人を見る目があるからだと思っている。それがなければツマンナイ
人生だとも思うし、今まで生きてきた意味もない。
 うたがうわけではないが、匿名を駆使できることをいいことに、
男が女に成り済ますことだってできるし、まずくなったらどこかへ姿
を消してしまえばいいのだからこんな都合のいいものはない。
金儲け見え見えのサイトなんかは、人のこころを癒すとか幸福を
願うとか、とにかく美しいことをいう。ぼくは言葉は信用しない。
感性を見抜く力を持っていればホンモノかニセモノかなど、すぐ
見破れるのだ。

 気になるブログがあってそこのオーナーがホンモノだとわかった
とき、ぼくはその人と友達になりたいと思うのだが、畑がちがい
すぎると腰が引けてしまうものだ。たとえばJAZZの専門的なサイト
のオーナーの感性と友達になりたくてもこちらには専門の知識が
足りないのでコメントなどなかなかしにくく、それが専門的であれ
ばあるほど、記事の内容と関係ないコメントなど失礼になる。コミ
ュニケにあこがれているのではなく、ぼくはこの世の<マスター>と
よばれるひとの感性と友達になりたいだけなのだ。今は感性重視
というより、コミニュケーションを簡単にとる薄っぺらな繋がりを
求める傾向が強い。自分の価値を下げてしまうようなコミュニケ
なんかぼくは興味がないな。友達の輪は小さくてもいい。感性
という友にあこがれる。


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。