スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰に向かって唄う。

 あんな大人にはなりたくないと思った。こころの底からそう思った。
どんな大人なのか?酒にまつわる話である。
 酒が嫌いなわけではないのだが、ぼくは酒を飲んでだらしなくなる
大人が大嫌いだった。もうぼくはじゅうぶん大人なのでこれは少年
HOBOのこころがつぶやく言葉だと思ってほしい。
 大人はどうしてことあるごとに酒をのむのだろう?ぼくはいつも
そう思っていた。それしか楽しみがないみたいに、飲んで歌って。
あぐらをかいて、ひざにのせた腕は窓のように輪をつくり、あーでも
ないこーでもない。少年HOBOの目から見てとても知的とはいえず、
すぐ喧嘩をし、他人の悪口をいう。ぼくは朝目を覚まし、そこらじゅう
に散乱する一升瓶や灰皿を横目で見ながら学校へ行った。あんな
大人にはなりたくないと思った。
 
 「歌を唄える仕事を見つけたんだ!」と、ぼくはそのとき付き合って
いた彼女に言った。彼女は「よかったね!」と言ってくれた。酔っ払い
相手の小さな店だった。酔っ払いのこころに響く歌なんか!ぼくは
適当に唄うことを覚えた。悲しかった。



     髪を切っちまった あんたを忘れるため
     さすがのアタイも涙がぽろぽろ出た
     あんたと暮らしたアパートの部屋 
     西陽の入る窓 あんたを待ってた夜

     ドントクライ ドントクライ
     あとどんくらい 待ってりゃいいの?

     あんたの唄うブルースがいい
     今夜も しとしと 雨ん中



 これは一番新しいぼくの『どしゃ降り純情物語』という曲の1番の
歌詞だ。彼女を想いだしてセンチになってるわけでもないが、ぼくは
大切なものをけっこう失っている。
 <家庭>というものにあこがれる。酒飲みだった父や母の喧嘩をみて
きたぼくにとって<家庭>は地獄だった。あんなに嫌いだった酒飲み
なのに、
 ぼくは最近、酔っ払い相手のシンガーにすらなれない。誰に向かっ
て唄う歌なら許せるんだ?お前なんかもう、、、、
唄えないんだよ。


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
HOBOさん。こんにちは。
大阪は暑かったでしょう?
関東じゃいつも、埼玉の熊谷市とか群馬の前橋市などが暑いので
有名だけれど、大阪、京都あたりの蒸し暑さもまた相当なものの
ようですね。
夏生まれの九州育ちの私ですが、夏の暑さには近年とみに弱くなりました。
でも、何となくですが、大阪はHOBOさんに合う街なんじゃないかな…
そんな気がします。^^

HOBOさん。ファイトファイトよ!
私もね。自分が人生でしてきたことに後悔する、というより、
自分が勇気がなかったり努力をしなかったために、やらずに来てしまった
ことの多さを考えると、夜などほんとに愕然として、悔いで
眠れなくなってしまうことが再々あります…
手に入らなかったものがどれほどあることでしょう…
私自身は結婚して娘もいるけれど、自分という存在そのものが
本質的に抱く寂寥感は、また家族などというものとは別なもの、
という気がします…

でもね、胸を噛むような口惜しさ寂しさが、生きるということ。
そこから、多くの文学作品が生まれ、歌が生まれてきたのだろうと思います。
そしてそういう文学や音楽は、時代を超え、空間を超えて
同じ想いを抱く人々の胸にやさしく届く…

私ね、今、戦争中のこと書いた文学作品や研究本など集中的に
読んでいるのですが、政治的に反対の思想を持つていた人も含め、
人が生きていくということの愛しさに、本当に心を打たれます。

ブログ仲間の存在も、私には大きいなあ…

私たちが聞いています。HOBOさん!^^


タイトル
自分に向かって歌うんだよ HOBO
GO HOBO!
彼岸花さんへ
おそようございます、彼岸花。
まあ、いつも2週間目になるとこころがイラつく癖があります私。
季節、習慣、いろんなことがイライラの源となり、最終的に作品や
唄うことに行き着きこのありさま。これが単なる隠居観光の旅なら
穏やかなんでしょうが、攻めに攻め打ちひしがれる落ち武者HOBO
ですので、打ちひしがれるということは、たち向かってる証拠なんだよと、
彼岸花さんにも勇気をもらいっぱなし。こんちくしょう。
いわゆるホームシックというやつ。いつも2週目後半。お見苦しいかぎり
でございます。

じつは8月には母を連れて釧路に行こうと思います。こころを太くして、
すこしでも恩返しを。ホテルの向かい側に同級生がやっている
<炉端>がありましてね、デカイほっけや、サンマ、牡蠣のがんがん焼き、
お刺身でもなんでも、ゆっくりしてきますよ。
いつもありがとう、彼岸花さん。
選挙まで、卒倒しないでね。笑

HOBO
HHGへ
自分に向かうってけっこうきついなあ。
そうだなあ、きっとまっと~よ。
強くなってGO!GO!GO~
ありがと、HHG。

HOBO
タイトル
お母さまをお連れしての旅。
それは良いですねえ!
釧路ですか。いいですねえ。
うわあ。聞いただけで美味しそうですぅ!
思いっきり親孝行してくださいね。

ふふふ。選挙まではガンガン書いてるだろうけれど、
選挙結果見たら、怒りで卒倒しそうだ!(笑)

HOBOさんも熱射病やお風邪などお気をつけて。^^






彼岸花さんへ
卒倒!
まちがいない。
わが国のん気なひとばかし。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。