スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HENKUTU .

 南3条通りの古い建物の2階と3階が空いている。
3階は2階を借りてくれた人におまけで使ってください
みたいな造りで、2階から3階は内階段になっている。
2階はカフェ、3階は録音スタジオ、あるいはアトリエ
として使うこともできる古くて楽しい建物。家賃がけっこ
う高いので迷っている。1階は知り合いがやっている洋服
屋さんなので気心も知れていていいんだが。
でもやめた。

 札幌も郊外に行けばいろんな物件がある。しかし、
郊外型の店は考えていない。大通りから南3条まで、また、
西2丁目から5丁目までしか商売にならないと思って
いるからだ。一応、ここに入れたらいいなあと思う物件
には、現在営業中でも不動産屋には空いたら連絡をくれる
ようにと言ってある。できるだけ変な造りの店舗を好む
HOBOなので、そして路面店を希望しないということから、
けっこう期待が持てるのでは?こんな感じの今が楽しい。
極上の音を聴きながらコーヒーを飲める入りにくい店。
変でしょう?変なんですよ。
オレ、偏屈ですから。


HOBO

トラックバック

コメント

こんばんは。
偏屈とこだわりって、とても似てませんか。HOBOさんの文章を読んでいると、ツヨ~ク、そう考えさせられます。
面白そうな、偏屈な空間、のぞいてみたいですね。また、自分だけの落ち着ける隠れ家みたいなスペースにも憧れます。
  • 2012-07-27│00:24 |
  • t.gray URL│
  • [edit]
t.grayさんへ
偏屈ものだと言われて50年、
なんだかあまりいい言葉のようには思いませんが、
こだわりと考えれば納得いくような気がしますよ。
考えが強いから偏屈なんでしょうね、そうなんですわきっと。
これからライブが増えそうです。
さらに磨きがかかる〈HENKUTU〉です。
困ったもんだと思いますが、、、

ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。