スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーマンの夢。

 金沢のコーヒーマンとやらの店に行ってきましたよ。東山の近くに
ある小さな店なんですが、そこのマスター、そうとう曲者だという噂を
聴きつけましてね、曲者大好きなわたし、35度の猛暑のなか、
のこのこ行ってしまいました。まあ、結局、めぐり合わせというか、
自分とそっくりな世界を覗いてきたというか、いやんなるくらい能書き
の多い、そんでもって納得してしまう独特の押しの強さというか
なんていうか、あれでコーヒーがまずかったら悪評につぶされるんで
しょうが、ウマイんですわこれが。
 できれば能書きのない本物がいいんですが、73歳のコーヒーマン
は憎めないプロというか、経験がちがうんだと思いますねえ。偏屈
もほどほどにしないとと思いながらコーヒーマンの話を黙って聴いて
ましたが、けっこうお茶目なところもあるんですよ。客を試すような
質問をしてくるんで、ちょっとカチンときましたが、あーでもないこーで
もない、2時間もいてしまいました。くせのあるオヤジもいるものだ。
しゃべり好きなコーヒーマン、やるじゃん。

 充分すぎるぐらい個人を浴びせられたわたしは、腹がすいてしまい
ました。おなかがペコちゃんです。マニュアル化されたチェーンレス
トランやファーストフード店は大嫌いなのでなるべく個人商店をいつも
探します。手作業を完璧に排除した店にはいくら安くてもカネを使い
たくないですねえ。小さくてももてなしの心に触れたいと思いますよ。 
 茶屋町の近くに雰囲気のある<しなそば屋>を発見。さすが、わた
しは鼻が効く。愛想はけしていいとはいえないが、質のいい人情に
触れることができました。主人が角まで見送ってくれましてね、
「うちのやつ無愛想ですいません!」そんなことを言うんですよ。
「客にへつらうことなんかないですよ、ウマイしなそばありがとう!」
わたしはなんかちょっと嬉しくなりましてね、口笛を吹いて帰りました
よ。
 自分はどんな店を作るんだろう?それは、どんな人になりたいのだ
ろう?そんな問いかけのようにも聞こえるんです。多弁であろうが
無愛想であろうが、いつか描いた自分の理想の夢に、恥じない自分
でいようと思いましたよ。


HOBO

トラックバック

コメント

コーヒーマンとしなそば
こんにちは!
金沢は暑かったでしょう? 北陸って南からの風が山を越えて、
吹き下ろす時に非常に高温になることがあるらしいですよ。
北海道の人が行ったらとけてしまいますよ。

コーヒーマン、話だけで映像が浮かんできて笑っちゃいますね。
黙って話を聞いているHOBOさんも心が広いなあ。
それでうまいんだから良かったじゃないですか。

しなそばもおいしそうですね。
一日で二軒もおいしい店に辿りつく、さすがです、
嗅覚ってやつでしょうか。
乙山さんへ
こんにちは、乙山さん。
やはり個人商店の看板や暖簾にしみこんだ真面目さというか、
たたずまいでだいたいわかりますね。やはり、カネの使いどころ
というのもお洒落な道というか、いまはどこにカネを使うか、
そこに尽きると思います。それこそ、しなそばなんかは、究極のフード
であり、そうそう、乙さんならご存知かと思いますが、蕎麦屋のラーメン
が当たればとてもウマイもので、やはりシンプルというか、
蕎麦屋のラーメン、それだけで一冊の本ができてしまいそう。

このコーヒーマン、じつは大阪の人でして、たいがいにしてほしいぐらい、
人の悪口を言ってました。笑
でも、思ってるくせに飲み込んでしまうタイプの人間より、ぼくは
好きでしたよ。それこそ、オーディオだとかカメラだとか、洋服だとか、
時計だとか、この親父は本物。ちょっと僕の知識などでは太刀打ちできる
ものではありませんでした。というか、会話の先手を取られてしまうので、
アウェイなんですよ。だってそうですよね、自分の知ってることだけ、
深く語り、「なぜだかわかるか?」これですもの。
わからへんて!へんな親父だなあ。

HOBO
タイトル
そうそう、只野乙山さんの仰るとおり、HOBOさんの方が、上手だなって思いました。「人を試す様な質問」してるご本人はHOBOさんの、分からないふりに気がついてないでしょうから。

それと、かえるままが本州に初めて行って驚いたのが、お蕎麦の様なラーメン!こちらでは、縮れ麺が主流というか、「ラーメンの麺はラーメンの麺」ですよね?本州は境界が分からなくて「これはラーメンなのか?お蕎麦なのか?うどんなのか?」という微妙な気持ちになりました。

やっぱり、只野乙山さんのお友達は只者ではない方が多いですな。
タイトル
こんにちは。^^
金沢。いい出会いがあったようですね。

73歳のコーヒーマンも、しなそばの店主も。^^

金沢。良さそうな街だなあ・・

珈琲店。どんな佇まいのお店か、気になります!^^


そうそう。お蕎麦屋さんのラーメンで時々めっぽうおいしいのに
出食わす時がありますね。
私が過去に美味しい!と思ったのは、いずれも五目中華でした。
お蕎麦屋さんの中華そばだから、かつおだしのあっさりした
塩味のスープで、新鮮な野菜などの具の彩りも綺麗。
でも、最近はあまりそういうお蕎麦屋さんの五目中華に
出会えなくなりました。
お醤油味になっていて、お野菜、かまぼこ、ウズラ卵などの具が
餡かけになってる!五目中華の餡かけはやめてくれ~~~!(笑)

あと。お蕎麦屋さんのカレーというのも妙に懐かしい味です。

でも、お仕事やめてからは、外食などめったにしないんですけれどね。^^


HOBOさん。楽しんでいらっしゃいますね。^^
いいですね♪





かえるママさんへ
コメントありがとうございます。
いやいやどっこい、本州のうまいラーメン屋の実力は
そうとうなものですよ。ベースがしなそばですからね。
ぎゃくに、北海道のラーメンはそのベースがないように思いますねえ。
チェーン店ではなくできるだけ個人商店を探します。たしかに、ぼくも
ちじれ麺が好きなんですがね、控えめな鶏がらスープに細麺っちゅうのも
いけます。

ほら、中島公園とすすきのの真ん中ぐらいにある<鴇の家>の塩ラーメン
は、麺、スープ、いまのところ日本一かと思います。
あれだけあっさりしていてそれでいてパンチが効いているのは、
モンゴル岩塩と、コーチン100パーセントのなせる技なんでしょうかね?
ふんどしブームですか?ふむふむ、

HOBO
彼岸花さんへ
コーヒーマンの店のたたずまいは気にせんといてください。
うまければいいというものでもないと思うんですが、日常の
ありかたがちょっと違うようです。じつは昨日のジャイアンツの
試合でHOBOの血管が切れましてね、ついでに、なんでコーヒー飲みに
いって気分悪くなって帰ってこなきゃならないんだ!みたいな心に
なりまして。笑

じつはですね、彼岸花さ、、五目麺もそうなんですが、おっしゃる
とおり、そばやのカレーがまたすばらしいんですわ。
古いそばやだと、昔、おばあちゃんがつくったようなSBのカレー粉
なんかを小麦粉と一緒にフライパンでいためて、あれうまいんですよねえ。
まっきっきのカレー。グりンピースが3つ乗っかってて時間がたつと
膜ができるカレー。あれってライスカレーっていうんですよねきっと。
コップに水をいれてそのなかにスプーンを入れるんですよ。そうそう、
あーいうカレーなら自分の店でも出してみたいなあ。

彼岸花さん、金沢はそうとういいところですよ。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。