スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOBO、最近のノートから。

 まあ、気候を呪うわけにはいきませんがね、この暑さはぼくに
とって最悪の思い出になりそうです。金沢のアスファルトが歪んで
ますよ。お城の堀の下にある、<金澤屋珈琲店>でカレーと珈琲を
飲みまして、「さあ!」と、気合を入れましたが、そのとたん、
こむら返りですよ。ふくらはぎがバレリーナみたいになりましてね、
悶絶してたら、近くの観光客が笑ってました。まったく失敬な
やつらだ。お堀の池には鯉が泳いでましたよ。こむら返りはキツイ
ですわ。千葉ちゃん、元気ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 無理に横綱を作らなくてもいいですよ。山の上の温泉で老人
に混じって相撲談義です。稀勢の里は駄目だと思いますよ。甘や
かすのもたいがいにしないと。いま、白馬富士の根性なしが問題に
なっているというのに、また第二の白馬富士を作る気か!だから
相撲協会は力士を育てられないんですよ。稀勢の里は無理だと
思いますよ。今までの彼をみていると。まあ、どうでもいいんで
すがね。デブは自己管理ができないですから。ただのデブと、
スポーツマンのデブがいまして、ただ太ってるから相撲をやっている
力士が多いように思いますねえ。デブは言い訳も多いし、責任感
もない。横綱審議委員会みたいなものがあるのですから、年間の
力士の行動をチェックし、まあ、どうでもいいんですがね、
<遠藤>だかっていう金沢の力士が出てきましたねえ。だらしない
上位力士なんかぶっ飛ばしてやればいいんですよ。デブは駄目
ですよ。ごめんね、デブで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 金沢にはそれこそ古い建物がたくさんありましてね、<どうぞご
自由にごらんください>みたいなものもあるんですよ。なんていうん
ですか?縁側っていうんですかね、中庭なんかがありまして。
あそこに腰掛けてアイスなんか食べたらウマイだろうなあ、なんて
思いながら。
 外国人から見ると古い日本家屋はベリーナイスだそうです。アメ
リカ人の旅行者が言ってましたよ。ベリーナイスって。写真を撮って
くれって言うんですよ。ニコンのカメラが好きらしく、それも古い
<ニコンF>、やるじゃん。露出を変えて3カット撮ってやりましたよ。
サウスダコタの写真を見せてくれましてね、おー!とか、イエー!
とかしか言わないぼくにもずいぶん熱心に説明してました。
「君はアメリカが好きなんだね?」と言った。
「どうしてだい?」とHOBO。
「だってアメリカ軍のオフィシャルパンツを履いてるじゅないか!」
「あんただって日本の名機、ニコンFを使ってる!」
ははは、と笑いながら、ぼくらは別の道を歩いていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <金澤屋珈琲店>の千葉ちゃんに紹介されて、九谷焼きの窯元に
いってみたが休みだった。アンティークの九谷なんかを店で使うと
いいだろうなあ。また来よう。
 金澤屋珈琲店に北海道岩見沢出身の若者がいた。偶然!。
道産子は人懐こいんだ。金沢大学の何学部かは訊かなかったが、
ぜひとも頑張ってもらいたいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こんな気楽な記事ばかり書いているが、好きで旅をしているわけ
ではないんだ。自分の家から通いながら仕事のできないぼくは
甲斐性なし。喫茶店をやっても、一年のうち一ヶ月は旅をして感性の
低下を防ごうと思っているが、夏に本州の旅はもう止めようと思う。
できれば冬に札幌を抜け出して、夏は札幌にいるべきだ。冗談じゃ
なく、死んでしまう。
 ちょっと事情があって自分たちの入るお墓がなくなったHOBO家
だが、心配するな!母さん。ぼくがまた作ってやるから安心せい。
それより、盆は釧路のホテルに泊まり、たらふくウマイ魚を食べよう
じゃないの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 圧勝かあ。まずいだろう、、、
山本太郎氏には頑張ってもらいたなあ。


HOBO


 

トラックバック

コメント

こんにちは、金澤屋の千葉ちゃんです。先日は楽しくお話しさせていただきました!
ありがとうございます。
本楽しみにしてます。
  • 2013-07-23│09:30 |
  • 千葉ちゃん URL│
  • [edit]
千葉ちゃんへ
コメントありがとう、
こちらこそ、おいしいコーヒーに飢えて?ましたからねえ。笑
香りとコクがちゃんとあるそちらのコーヒーはたいしたもんだと
思いますよ。これからもがんばってくださいね。またお伺いしますので
なにかありましたら、またコメントでもください。
ありがとう。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。