スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤絵と旅と静寂と。

 九谷焼きの作家さんたちと少しですが話ができました。
赤絵のコーヒーカップの一点ものをゲット!やはりこういった
芸術的なものはインターネットとかではなく、実際にものを見て、
触れ、なんていうかなあ、みょうに落ち着きますねえ
日本人なんですから、こういった伝統にふれない手はないですよ。
 夏がすぎて秋がきて、冬のちょっと前ぐらいには九州です。
伊万里なんかもぐっとくるんだと思いますねえ。ぐっとこないと、
つまんないですから。

 片町のフォーク酒場みたいなところで飛び入り。不思議な
もんで、練習もしてないのに唄えるもんですね意外に。
<緞帳役者の唄>・<生きてるだけで満足かい?>この2曲を唄って
きましたよ。

生きてるだけで満足かい?
本当に君は生きてるのかい?
ただ息をしているだけじゃないのかい?

 明日帰ろうと思います。ぱんぱんに膨らんだぼくのカバンに、
夢なんかありませんよ。残念だが。
 時の眺め方がちがうんだろうなあ。まずは帰り、赤絵のカップで
コーヒーを飲んでみよう。すぅ~っとした静寂が、ぼくの旅に
「待った!」をかけてくれるかもしれないぞ。
そう、時の眺め方が、ちょっと、いや、かなりちがうんだと思い
ます。


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。