スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現者という肩書き。

 ブログの中の自分はほんの10パーセントでしかなく、残りの
90パーセントが本当の自分なんだといつも言ってきた。そんな
ことどうでもいいじゃないかと思うかもしれないが、ぼくはいつ
もそのことを考えている。自分はなにになりたいのか?少年のこ
ろいつも考えていた。
 ぼくの言っている〈どんな人〉というのは、どんな仕事をして
いるとか、どんな家族だとか、どんな服を着ているとか、そんな
こととはちがう。うまく説明できないが、あえて言えば、生涯の
名刺に書かれる〈肩書き〉というか、そんなもんだと思う。それ
では、ぼくはなんという肩書きのついた名刺を作るのだろう?言
っておくがこの場合の肩書きとは普通の肩書きとはちがう。生き
方の軸になる、こころの糧というか、そこから外れる生き方をし
てはいけないのだ。少なくても、ぼくは、だが。

 ぼくは目指す肩書きの為なら努力を惜しまない。生活がそのよ
うに廻るのだ。仕事も趣味も恋愛も、みんな大事な生き方の種子
だと思うが、この肩書きを持って生きているひとは何人いるのだ
ろう?それは早ければ早いほうがいいのだ。
 まだぼくの肩書きが漠然だったころは、些細な幸福のようなも
のに憧れた。恋愛もしたし家庭を持とうと考えたこともある。し
かし過去のぼくの恋人や友人たちはぼくを普通の人間に戻そうと
した。歌を唄ってもうだつのあがらない自分に自信をなくしたと
きなどは、できるだけ安定した条件のいい会社に勤めるのがいち
ばんいいのだと思うようになった。社会とはそういうものだと母
も言った。
 会社に勤めると、何事にも一生懸命なぼくは社長に仕事ぶりを
認められ責任者として部所を任されたりするようになった。それ
はそれでやりがいのあるもので、さらに勉強したりした。仕事と
は責任を覚えることなのだと学んだ。勤める会社が大きくなると、
人間関係が難しくなる。ときには言いたいことも我慢して、うま
く立ち回ることも必要になってくる。毎日が妥協の繰り返し。報
酬をもらうために、生きていくためにはしょうがないことなんだ
と学んだ。普通はそうなのだ。それでいいではないか、、、


 ぼくのいう〈肩書き〉とは生涯の名刺に書かれるものだ。何々
会社の営業課長だとか、取締役だとか、デカイところでいくと、
総理大臣だとか、そんな肩書きではないのだ。
 先月、ぼくが石川県能見市の九谷焼きの工房を訪ねたとき、そ
この陶芸作家から、「あなたの生きる糧とはなんですか?」と訊
かれた。ぼくは少し間をおいて、
「自分が表現者であるということを心に抱いて生きることです。」
そう応えた。70歳の女性陶芸作家は、
「そうですか、、、なるほど、、わかりました。」
と言い、何度もうなづきながらとても嬉しそうな顔をしていた。
 ぼくは生涯の名刺に〈表現者〉という肩書きを付けている。
いつからだろう?それに気づいたのはわりと最近のことだ。ぼく
がフルコミッションの会社で、公務員の給料の5倍も6倍ものカ
ネを稼いでいたころ、ぼくは寝ないで働いた。魂を削りながら働
く屈辱や、汚い人間関係のなかでカネのことだけ考えてきた。そ
れでもぼくは心の中に〈生涯の名刺〉を辞表と一緒に抱えていたし
、くじけることはなかった。どんなことがあっても、どんなに馬
鹿にされても、ぼくは〈表現者〉だと思えばくじけることはなか
った。ぼくには作品があるからだ。表現者として生きる為に必要
なものは必ず手にいれる。それ以外はすべて排除する。ぼくはそ
んな生き方を選択したのだ。
 旅をすること、人のこころに触れること、完成を磨くために映
画を見たり本を読んだりすること、ためになることがひとつでも
載っているならその雑誌は必ず手にいれ切りとってファイルした。
こころに沁みる珈琲があれば何時間かけてでも飲みにいった。す
べて〈表現者〉として生きるためなのだ。
 悩んでいることがある。〈家族〉というのものが〈表現者〉の
邪魔にならないか?ということ。ずいぶん自分勝手でヒドイ男だ
と思われるかも知れない。しかし、ぼくが今までひとりでいたの
は〈表現者〉として生きると決めたからなのだ。どうだろう?
〈家族〉は〈表現者〉の足をひっぱるのだろうか?わからない。
 ぼくの表現の究極が〈HOBO's COFFEE〉だとしたら、そこを
共に切り盛りする相棒は将来の家族なのかも知れない、そんな
ことを考えたりする。自分と共に生きる人の幸福を祈るという生
き方も表現の一部なのかも知れないな。

 日常の妥協や、我慢することの屈辱は肩書きを持つことで随分
楽になるぞ。何度もいうがこのブログはぼくの10パーセントで
しかない。ぼくのリンク仲間はすべてその肩書きを持ったひとだ
と判断しお友だちになっていただいている。肩書きのあるひとと
友だちになりたい。
 どこどこ会社の何という役職で、そのひとはギターも弾けて、
詩も書いたりする。年収もそこそこで色んなモノもたくさん持っ
ている。でもそんな人ならたくさんいるぞ。笑っちゃう。
 ぼくは生涯の名刺に〈表現者〉という肩書きを書いてある。あ
なたはどんな肩書きと生きているのだろう?地位だとか、名誉だ
とかどうでもいい肩書きなどはいらないのだ。おわかりいただけ
るだろうか?ぼくは表現者として生きている。

 〈肩書き〉とは職業ではない。それは、もっと、なんというか、
崇高で、損得のない純粋なものなのだ。


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。