スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図面。

 店の真ん中に幅広で低めのカウンターがあるんですよ。客
席の両はじにはハーツフィールドが置いてあって、カウンタ
ーの内側にはローズやバロンなんかがあるんですよ。コーヒ
ーカップやコーヒーの道具を飾ったりしません。代わりに、
ライカだとか古い時計を飾ったほうが俺っぽい。

 さっき、店舗のデザイナーと会ってきましてね、カウンタ
ーの裏っかわにスタジオを作るんじゃなくて、店舗そのもの
をスタジオにしたらどうですか?みたいな提案。縦型のピア
ノなんかも無造作に置いて。
 ん〜、なるほどね、そのほうがめいっぱいスペースを好き
なように使えるというわけか。

 店を閉めたあと、お気に入りの椅子に腰かけるんだ。出来
たばかりの曲を真空管のアンプで鳴らすんですよ。自分だけ
を照らす時間がそこに流れてましてね、


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
まあ…夢がかたちになっていきつつありますね!
痛たたたたっ!あたしは何してんだろ!

すてきなお店になりそうですね。
店が営業済んだ後の、HOBOさんだけのすてきな居場所。
いいなあ。もうなんだか見えるようですよ。
彼岸花さんへ
コンバンワ、彼岸花さん!
台風、今日の船出は見送りました。

彼岸花さんならおわかりでしょう?
そうなんですよ!
そんな空間なんですよ。
きれいごとを言うようですがね、カネとはちがうものなんですよ。
最高の贅沢は、表現できる環境のなかにいることですからね。
ん〜、頑張ります俺。
あとは健康の維持だ。意地だ。笑

HOBO
カウンターの奥にスタジオよりも
こんにちは。
前の記事で「カウンターの奥にスタジオを」という構想を読んだとき、
「だったら店そのものをスタジオにしたらいいのにな」と思ったんです。
歌えて、ギターも弾けるし、ハーモニカも吹ける、
そんな店だったらいいのにな、と思いましたよ。

カウンターだけの店にハーツフィールド、ローズ、バロンは多すぎ。
もう、笑っちゃうなあ。
たぶん、バロンだけでもうじゅうぶん大き過ぎる音でしょう。
ていうか、バロン、邪魔!
カウンターだけの店だったらボーズを天井から吊り下げでOKですよ。

カウンター内で立ってもリトル・マーティンとか、
ギブソンのバックパッカーで演奏できますが、
ちょっとしたらライヴが店でできたら素敵ですよ。
乙山さんへ 
コメントありがとうございます。
乙山さん、カウンターだけといっても30坪ほどの店舗に
なる予定なんです。普通カウンターだけというと普通5坪とか7坪
でしょう?客側、椅子の後ろが5メートルもあるんです。
カウンターの中も5メートルとってますから大丈夫だと思います。
ボーズのつり下げなんて夢のない話はやめてください。冗談ですよね?笑
カラオケボックスやスナックじゃないんだから。
30坪の店舗だと、ハーツフィールドを鳴らし切るのには逆に広いぐらいです。
夜と昼の時間帯で鳴らすスピーカーを替えたいんですよ。
ローズはオールマイティーなスピーカーですからね。
バロンは乙さんにプレゼントです。汗

店そのものをスタジオにしてしまうと作業の場ともてなしの場がごっちゃに
なりますんでたぶんそうしないとおもいます。ドラムセットやミキサーなんて
置けないですいしね、ボーカルとライン録りのブースは別にしないと駄目
だし。そしてライブハウスみたいにしてしまったら、ろくでもない俺みたいな
ミュージシャンのたまり場になりますから!笑
俺が音楽をやっているとはたぶん客には言わないと思います。
図面ができあがったら一度見てくださいね。

もしも、もしもですよ、小さい店になったら、4311。
30坪ですよ、30坪。サッポロだからできるんです。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。