スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうなんだあ。

 大学にはどうして行ったほうがいいのか?生徒から質問を
受けた。親がちんぷんかんぷんな応えしか示さないので、直
接に訊いてみたら?という具合らしい。そんなの知らない。
知ったこっちゃない。

 将来やりたいことを高校のときに決めることができない人
は大学に行きながら決めたらいい、大学はそのためにあるん
だ、目標決定を先延ばししただけ、そんなことを「今でしょ!」
の林先生がテレビで言っていた。ふぅ~ん、そういえばそんな
ことを自分も言っていたことがあるな。そうなんだあ。
 大学に行けば可能性が広がる、そんなことも言っていた。
ふぅ~ん、そうなんだあ。

 自分はいま何歳だからおそらくあと何年ぐらいは生きるだろ
う。だからいまのうちにやれることはやっておこう。ふぅ~ん、
そうなんだあ。
 そこんちの親は、
「大学に入っちゃえば将来が約束されるんだ!だから今は辛
抱しなさい!いまだけ頑張ればいいんだから!」
こんなことを言ってたぞ。
なんか違うんじゃねえか?今しかできないことってなんだよ?
なんで俺が子供に説明しなきゃなんないの?

 俺はね、やりたいことが先にあるんだよ。例えばからだの中
に変なもんができて余命2年だと言われてもさあ、逆算なんか
しない。逆算しはじめたらもうその時点ですでに終わってる。
終わってるんだよ!へへっ!ワイルドだろ?
 ふぅ~ん、そうなんだあ。

HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。