スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸いめがねの魯山人。

 寂びそうに、痩せた黒い猫がわたしの足元で「なにかちょ
うだい!」みたいな顔なんです。野良猫なんだね?君は。仕
事も順調にいってないみたいな顔だぞ。おなかがすいてるん
だな?
 さっきパンは食べちゃったしな。なにかないかと探すわた
し。そうだ!このまえ買ったミルキーがあるっ!つつんであ
る紙をとって、ぴょんっと放ってやると、猫は鼻を鳴らしてい
る。はじめはニオイを嗅ぐだけで、ついに口に入れた黒猫。
ふぅ~ん、猫もミルキーを食べるんだなあと感心するわたし。
感心するのもつかの間、あれあれっ?様子がおかしいぞ!
どうも、歯にミルキーがくっついたらしい。首を斜めにしたり、
手を口にあてたり、悶絶状態だ。
 悪いことしたな。でも、悪気はなかったんだよ。

 なんかとても暑いので軽井沢まで高速をぶっ飛ばして古い
ペンションの写真を撮ってきました。わたしのライカは露出計
が付いてないので、ワンカット、3パターンの露出で撮るので
す。そのなんていうか、感覚的な行為がとても好きで古い
ライカを好んで使うわたしです。どこをどうやって切り取るの
か、それが自分らしくて楽しいのですよ。

 南軽井沢の蕎麦やの主人に言われましたよ。「あなたの
顔は魯山人、そっくりだ」
 うれしいような悲しいような、そんなきょうの午後でしたよ。
ミルキーはネコの味。


HOBO
 
 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。