スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルースの似合うピアノ。

ラグタイムとかホンキートンクが似合うピアノ、背の低い
あまり高級じゃないピアノはないものか?群馬県館林にある
石田ピアノ店の社長に訊いてみた。
アメリカ的なニオイのする、たとえば場末の酒場などには
〈キンボール〉が似合いますね、と教えてくれた。
音はあまり期待しないでください、あくまでもアメリカ、
ブルースの似合うピアノ。ジャックダニエルの瓶なんかを上に
ポンと置いて、

ああ

HOBO

トラックバック

コメント

piano man singin' the blues
こんばんは!
うわあ、ピアノを始めるんですね!
いいなあ、乙山はね、クロマティックハーモニカで
「ダニーボーイ」が吹けたらいいなあ、なんて思ってる
初心者ですからね。ブルースハープではうまくいかんのですね。

左手と、右手の動かし方が別でしょう、
だから相当、脳のトレーニングにはもってこいですよ。
ポールもジョンも、楽譜は読めなかった、
だけど、いつの間にかピアノは弾けるようになっていた。
できるんですよね、できる人には。
乙山さんへ
いや、乙山さん、逆です。
クロマティよりブルースハープのほうが簡単だと思いますよ。
ブルースハープはどこを吹いても吸っても必ず和音になるんですよ。
ぜひともハープでチャレンジしていただきたい!

そしてピアノなんですがね、これはですね、
なんかギターと同じ感覚で弾けそうな気がしてるんですよ。
そうですか、ジョンもポールも譜面が、、
ディランもそうですよ。
今から始めるところがいいでしょう?
そうなんですよ、脳みそですね?
頑張りますよ〜。
乙さん、あの魚はウマそうだ。一杯飲みたくなった。

いつもありがとう、乙さん。

ほーぼー
タイトル
ふふふ。いいなあ!

男どもが女っ気なしで夢を語っているのはいいですねえ。
その夢、叶えてくださいね♪
彼岸花さんへ
まあ、確かに少年の夢には女っけはないかもしれませんな。
歳をこいてなにかを始めようとするのって素敵ですよね。
ぜひとも〈ダニーボーイ〉を乙さんに。笑

ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。