スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行列のできっこない街のラーメン屋。

 むしょうにラーメンが食べたくなるときがあります。そんな
ものを食べている場合じゃないんですが、疲れているときは特
にそんな気分なのです。
 ラーメンといっても色々。地域によってみどりよりどりです。
九州に行ったときはさすがにあの犬の耳の裏のようなニオイに
は驚きましたが、根性が入っているというか、勝負している感
じがキライではありません、苦手なだけです。
 青森に〈マルカイ〉という老舗があります。東北なら知らな
いひとはいないでしょう。タクシーの運ちゃんに訊くと、「あ
そこは最低!」という人と、「最高!」という人と、意見がま
っぷたつに分かれます。青森は煮干しでスープをとりますから、
やはり店中がかなりサクイのです。マニヤを虜にする老舗ラー
メン店〈マルカイ〉、じつはHOBO、大好き、あっさりしてま
すからね。

 札幌のラーメン店のレベルは低くはないが個性がないと思っ
ています。普通のラーメンが好きなのですが、その〈普通〉を
貫く根性のない店ばかりなのです。流行モノに飛びつくミーハ
ーばかりの札幌ですから、営業スタイルもなにがなんだか主張
の的が外れています。支那そばのようなスタンダードで勝負す
る勇気もなし。ポリシーが感じられません。そういう意味では
福岡あたりのあの耳の裏のほうが好感がもてるというものです。
 札幌中央区中島公園の近くに〈鴇の家〉というプレハブ小屋
のラーメン屋があります。札幌にくる機会がありましたら一度
行ってみたほうがいいと思います。必ず〈塩〉を注文してくだ
さい。ここの塩は日本一だと思います。日本中旅をするHOBO
の言うことです。まちがいありません。

 行列のできる店はさけるべきです。行列のできっこない自分
だけのスタンダードを探そうじゃありませんか!
「好きずきですからねえ、、、」という声がどこからか聴こえ
てきそうですが、ウマいもんはウマいんですよ。


HOBO

トラックバック

コメント

明けましておめでとうございます
HOBOさん、明けましておめでとうございます!

乙山もラーメン好きですから、仰ることはわかる気がします。
近頃のはつまらん、というか、どれも似たような味なんですね。
なんでこんなにどろどろしてるんだ、といいたくなるスープ。

HOBOさんが仰る、塩ラーメンが本当に旨い店は難しいでしょうね。
それこそ「味は、好きずきですからねえ」となってしまいます。
あっさりした味ほど難しく、それでノックダウンさせるのは、
本当にもっと難しいのでしょう。それでどの店も似たような味になる。

旅人のHOBOさんが仰るからには、本当の味に違いない!
自分のスタンダードを見つけるってのは、
乙山が日頃から考えていることですが、
それがなかなか、ないんですよねえ。
乙山さんへ
明けましたぁ〜。

乙山さん、おっしゃるように、スタンダードがなかなか難しい。
しかし、偶然というか、じつは街の駅前食堂のラーメンがすこぶる
ウマかったり、そば屋のラーメンがけっこういけてたり。
それはいかに普通であるかという証拠で。
完璧なスープに、ぴったりの麺、それ以上なにを求めましょう?
そうそう、あっさりしてるんだけど、じつはパンチが効いている。
それはセンスなんですねえ。いじくり回すと駄目ですねえ。
変わったラーメンを作ろうなんて邪道ですよ。
いまこの時代に、いかに普通でいられるか、スタンダードの魅力を
発見し、ノックダウンされる楽しみ。笑

その〈鴇の家〉のラーメンは、コーチン100%のスープに、
モンゴル岩塩を液状にしたものを混ぜているだけなんですよ。
あっさりしてるんだけど、じつにパンチが効いている。
入っている具材が昔風とかじゃなくて、麺を口に運ぶときの独特な
ニオイがむかしのラーメンなんですねえ。〜風は駄目ですよ。
スープまで飲み干し、まだすこし物足りないぐらいのラーメンが
いっとうウマいんですよ。

そうですか、〈余市〉はいいウイスキーですか?
さっそく飲んでみましょうか。
おそらく想像するに、ギブソンでもないマーチンでもない、
きっとヤマハのような、国産良品なんでしょうね。

HOBO
タイトル
HOBOさん。こんばんは♪
HOBOさん。体調いかが?
私、元気ですから心配しないでくださいね。ちょっと忙しいだけですから。

ラーメンは私も、今時のやけに創意工夫したとやら自称するラーメンは苦手です。
いろんなうたい文句をてんこ盛りにした奴は。
シンプルでぐっとくる、というのが一番ですよね。
私が一番おいしいと思うのは、うちの近所の寂れた商店街の路地にある
小さな中華やさんでした。カウンターに4,5人、テーブル席に4人しか
入れない。でもそれがいっぱいになってることはありません。
近所の人が来るだけ。でも、東京ラーメンじゃここのが一等美味しかった(笑)
さっぱりしすぎず、でも今時ののように豚骨味を取り入れたりしてない。
別に宣伝もしないししてくれるような気の利いた客もいない場末の
小汚い店だから。でも途中から味が変わってしまった。いわゆるラーメンブーム
とやらが言われ出した頃からです。それ以来もう十数年、行っていません。

塩味ので一等美味しかったのは、駅前のお蕎麦屋さんの五目中華そばでした。
さっぱりしてて、具も美味しくて絶品でしたが、駅前の再開発と共に
なくなってしまいました。
違う街でもたまに食べることはあるけれど、いまだにこの2軒のが
一番美味しかったなあ…
私の住んでる市は、人口五十万近く。大学もたくさんあります。
それをあてこんで、もう2,30年も前『ラーメンの街』にしようと
目論んでいたらしいときが一時ありました。評判の行列のできる店もありました。
そのうちの一軒に入ったけれど、全然美味しくなかった。
味が複雑すぎて。いやみな感じだった。

人それぞれのこのみとは言うけれど、オーソドックスの良さをこのごろ
忘れた調理人が多いかもですね。
 
彼岸花さんへ
こんばんは彼岸花さん。
ラーメンでもなんでもシンプルなものが一番ですねえ。
へんなブームみたいなものが来てますからイヤですねえ。
なんでも新しければいいみたいな傾向、大嫌いなんですよそんなの。
ほんとほんと、でもそれこそ政治もそうですけど、客が店のレベルを
落としてしまってるという見方もありますよね。
もっとウルサいひとが増えてもいいんですが、わりとなんでもいいひとが
多いですよ。今。

昔のラーメンはうまかったなあ。
なんていうか、入っている具だとかスタイルじゃないんですよ。
麺を口に持っていったときのあの懐かしいニオイは、おそらく、今考えると
味の素のニオイなのかもしれませんね。調合した調味料をゴソッと。
いつもオフクロが言ってます、食べ物がいちばん高い、経済経済。って。
でもなんていうかなあ、ウマいものって幸せな気分になるというか、
おかげで最近痛風気味。笑

彼岸花さん、元気ですかあ?
今年も頑張りましょうね。よろしくデス。
たまあに、またマッカランでも飲みたいですねえ。


HOBOI

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。