スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーゲンと少女、夢の旅に出る。



こんな動画をみつけました。
これはおそらくこの女の子が納屋に眠っているワーゲンのキャンピングカーをパパ
におねだりして、自分も手伝うのでなんとか復活させてほしい、みたいなストーリ
ーのように思います。なにせ英語のわからない僕の推理ですからあてにはなりませ
んが。
このワーゲンは年式からいって僕のビートルと同じ〈ブリリアントオレンジ〉だと
思います。なんていうか、微笑ましい動画ですねえ。このワーゲンにはシンクやベ
ッド、テーブルなんかも付いてましてね、こんなのに乗って道の駅で車中泊しなが
ら旅ができたら素敵だろうなあ。ギターを積んで、ご飯を炊いて、携帯電話やパソ
コンなんかどっかへ捨てて、時を忘れてのんびりしたいですねえ。ワーゲンって最
高だと思いますよ。便利すぎる現代の車では駄目なんです。ないんですよ、自由な
感じが。


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
こんばんは

 いい映像ですね。ワーゲンのキャンピングカー、いいです。
 よく見かける高価そうなキャンピングカーには全く興味がないですが、これはいい。
 バックに流れるブルースハープもいいですし、後ろを走っていたビートルもいい。ルーフキャリアが特にいいなあ。
 
mikitaka08さんへ
コメントありがとうございます!

いいでしょう?いいんですよ。笑
ワーゲンという車は丈夫で可愛らしくそしてなによりオシャレで
安いときてる。パーツなんかに困ることはありませんし、乗っているひとが
温かいんですよ。冬の北海道は塩カルをまきますから鉄板が錆びますが、
春を待つ楽しみが増え楽しいですよ。
この映像をみていると何だかふるさとの道東を思いだします。
不思議と、1970年代の純正ラジオから聴こえる歌は、70年代の
音がするんですよ。それこそ、ライ•クーダーだとかジャクソン•ブラウン
なんかフルヴォリュームで聴いたら最高っすよ。
一緒に走りませんかあ?

HOBO
オシャレで 安い?
Mr.HOBOさん

 こんにちは

 <一緒に走りませんかあ?
 ありがとうございます。

 ワーゲンが安い、部品も困ることはない。初めて知りました。
 石狩街道で何度かHOBOさんと同じ色のビートルを見たことがあり、目でずーと追いかけたことがあります。HOBOさんのビートルだったのかなあ。職場の同僚がニュービートルに乗っていますが、性能は良いと言っています。
 ワーゲンキャンパーは雑誌でしかみたことありませんが、ヴァンはたまに見ますね。カッコいいです。
 さて、道東ネタ。私も生まれ・育ちが道東で長い人生で40年住みました。根室・釧路・十勝です。今はちがいますが。HOBOさんと感性が一致するところあります。これからもよろしくお願いします。
mikitaka08さんへ
こんにちは、mikitaka08さん。
コメント嬉しいです。
そうなんですよ、ワーゲンぼくの言うワーゲンは空冷でドイツ本国で
作られていた1978年までのものなんですがね。
もうしわけないとは思いますがニュービートルやメキシコビートルは
ビートルのようなもの、とくにニュービートルは水冷ですからオモロく
ありません。
空冷の古いワーゲンなら1950年ぐらいまでのものならパーツは
手に入りますよ。YANASEではもう無理ですので国内外の専門店からです。
さすがにボディパーツは無いものもいくつか出てきましたがリプロなら
なんでもという感じであります。
たぶん石狩街道のビートルは僕だと思います。望来までよくドライブ
しますからね。

道東の透き通ったデッカイ冬の空には、夢をちりばめたように星がいっぱい。
雪の上キュッキュキュッキュいわせながら歩きましたねえ。
春になれば雪解けの音を聴きながら新しい教科書をしょって学校に通いました
よ。やはり北海道がいちばん。寒いけど温ったかいんだなあ、、、

こんどは声をかけてくださいな。
オレンジ色のビートル、まちがいなく僕だと思います。笑
ありがとう。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。