スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のリスト。

いつだったか
〈夢のリスト〉を抱えて旅をしていた
もう何年も気が遠くなるほど前のことだ
それはそれは両手にあまるほどの夢を書いたリストだった
消しゴムで消せないほど筆圧の強い文字だった

ずいぶん寄り道をした
汚いカネでちんけな夢を買ったりもした

今 僕はそのリストの写しを広げている
残っている夢はどれもカネで買えないものばかりだった
鉛筆で消してあるあきらめたものの中に
もう一枚の写しを持った君がいた


HOBO

トラックバック

コメント

おはよう御座います。はじめてコメントさせていただく
松本と申します。七十に手がとどくお婆ちゃんでございます。
何とも云えない温かなお人柄と気高さともうしますか、
いつまでも変わらぬ情熱家で。またお歌のほうも
リサイタルなどをするときはお知らせください。

  • 2014-01-16│06:04 |
  • 松本よし江 URL│
  • [edit]
松本さんへ
コメント、ありがとうございます。
松本さん、ありがたいお言葉嬉しく思います。
しばらく詩のようなものを書いてなかったものですから、ああ、
わたしは気高さなどという立派な人間ではありません。
文章はときに大きな誤解を招いたり、一度も会ったこともない
人のイメージが勝手にできあがったりしますので、ちょっとストレスが
たまりますが、ただのレポートにならないように、凸凹とかざらつきのある
心でいたいと思います。
ここは年齢制限はありませんので、いつでもいらしてくださいな。笑

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。