スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大上留利子の表現。



大上留利子さんのバージョンである。
ぼくは大上さんの表現が好きで彼女の歌はよく聴く。
こういったら失礼だが、とくに声がいいとか歌がうまいとか
そんな感じはしないのだが、大上さんは自分の声のトーンを
よく知っている。かなりチャーミングだ。
ふつう、ブルースなどを唄う女性シンガーの声は
もっとシャガレていて太い。しかしどちらかというと
大上さんの声は太くはない。むしろ細い部類に入るだろう。

以前、〈胸が痛い〉をアップしたことがあるが、
やはり彼女は大阪がよく似合う。かなりイカしている。
彼女の唄う〈大阪で生まれた女〉はめっちゃいい。
思わず泣けてくる。本家BOROよりいいんじゃないの?
関西ではなく、〈大阪〉に行きたくなった。
最高や!


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。