スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールドだけがGIBSONではない、が、しかし、、、

DSCN0391.jpg

新しいGIBSONのギターがよろしくないという話を
よく聴くんですがそんなことないと思いますよ。
新しいといってもいつ頃のものを指すのか知りませんが、
この12フレット結合のヘリンボーンだってそんなに
古くはないですし、

DSCN0351.jpg

この2本だって山野楽器が代理店をやっていたころのもの。
左っかわのやつは最高にいい音してますし、右のジャンボも珍しい。

DSCN0325.jpg

それにこのサザンジャンボも2006年製。
じつはこのサザンジャンボなんですが当時モノのように
指板がすこし短く、リングが見えるんですよ。
なんか2006年のJ-45の色物だとかJ−50なんかにそういうのが
多いような気がします。山野でもそんなこと言ってましたし。
2枚目の写真のJ−45もリングが見えるでしょ?
古くなれば風格でると思いますよ。

よく、安いモデルは作りが悪い、カスタムショップじゃないと駄目!
みたいなことをいう人がいるようですが、
GIBSONのギターはもともと作りが悪いですからね。
じつは安いレギュラー品の中にも大当たりのものがあるんですよ。
可能性を見出す耳と目と心を持ちましょう。
古い楽器は古い音がする。新しい楽器は新しい音がします。
ただ、経験上、鳴らないギターはいつまでたっても鳴らないですね。
素質がなかったとあきらめることです。

そのうち赤いのとか黒いのとか、オールドとか、いろいろ紹介しますよ。
それと、部屋がだらしなくてすんません。笑
オールドだけがGIBSONではありませんよ。しかし、、


じつはオールド大好き
HOBOでした。てへへっ

トラックバック

コメント

かっこいいギターデスねーーー!
ほーぼーさん
お邪魔いたします〜♪
今日は まだ寝ておりません〜て嘘です
夕方こたつで眠ってしまいましたぁ…☆
素敵なお部屋デスね!^ ^
初めて見せて頂きました。

私は楽器音痴なので、情けないけどギターのことはわかりません。T_T
だけど読んでて気持ちが伝わってきましたよ。
古いものの中にも良き新しいものを発見する事が出来るのでしょうね。
ん? ;^_^A 違う? そりゃ 温故知新だわ〜

ましてや音を奏でるものだから、時を重ねる度に磨きがかかるのでしょうか…。新しいものも、満更 悪くもなく、でも 古いものが、やはりいい音色を出すのですね。歌い手さんにとってギターは命の水のような存在でしょうね。 恋人かな!?(o^^o)

素敵なギターを見せていただいて♪ありがとうございました。

*あ・*.。り..。:が*・'(*゚▽゚*)'・:。.と .う.:・

♪母ちゃんの〜♪おにぎり〜♪
でっか〜くて〜♪

では また!
  • 2014-01-29│03:38 |
  • 鈴子 URL│
  • [edit]
鈴子さんへ
こんばんは鈴子さん、
いつもありがとうございます。
素敵な部屋だなんてあなたなんてことを!あり得ないから、笑
でもあれですね、今思えばマンションでよかったと思います。
車も雨のあたらないところに置ける駐車スペースもあるし、雪かきの
心配がいりません。古いマンションですが眺めがよくていいですよ。

ギターは今からでも覚えるといいと思います。
楽器の中ではカスタネットとトライアングルの次ぐらいに簡単かも
しれないですよ。
まあ、古ければいいというものでもないんです。
しかし、ぼくは太くて枯れた音が好みなので基本、新しいギターは
好みません。そしてぼくはピックを使わないので暖かい和音の出るギターが
いいのです。

人間でもなんでも、時を経てはじめて出る哀愁ともうしますか、
甘い音色は年期が必要ですよ。
ほら、よく居酒屋で騒いでいる若者の声って、でかくて硬くてウルサい
じゃないですか、耳に刺さるというか、あれですよ。笑
静かに話されたほうが逆に心に響くのに。

楽器はとにかく触れてあげることです。
1時間も弾いているだけで音が育っていくのがわかりますよ。
安いギターではそうはいかないのです。合板だから。
単板でできたギターで、ラッカー塗装で、気温や湿度に敏感な
ギター外気の影響を受けやすいものほど育つんですね。ポリウレタン塗装の
楽器は板の呼吸を止めてしまうのでカチンカチンの音がします。
楽器も車も人間も、全部同じですよ、鈍感は駄目。
傷付きやすくナイーブであればあるほど、育ってくれるというものです。
だから、楽しい。
今からでもギターを始めてくださいな。身近かですよ。


HOBO
  • 2014-01-29│06:29 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。