スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と、日記には書いておこう。

 会社の近くにある中華料理屋のオーナーが今回の
日中の問題について語ってましたよ。やはり中国人でした。
美味いはずの料理がマズイのなんの。料理に政治の話は合わない
ですね。
 そういえばオリンピックに政治もいけませんがね。
負けて泣きながら悔しがっている相手の気持ちを逆なでするような
韓国の人のやりくち。ボクが少年のころに聞かされた中国人や
韓国人のイメージそのままですよ、残念ですが。
負けてうなだれていたら、肩をたたき「ナイスファイト!ありが
とう!」というのがスポーツマンの精神ではないのか?
卑劣、卑怯、野蛮、申し訳ないがそのイメージがボクのなかで
いっそう強くなりましたね。

 勝っても負けても互いをたたえ合う、こんなことは教科書にも
載ってませんよ。教わることではないのです。どんな国のどんな人種
でも心のなかに響く場所があるんですよ。表ではない、中身だとい
うこと。整形手術にしてもそうですよね?よく国民性を表して
いますよ。こころ痛めている人を後ろから蹴飛ばすような行為は
オリンピックでなくてもしてはいけない行為だと思いますね。

 勝っても輝かないメダルをつけてうれしいのでしょうかね?
スポーツマンはまず健全な〈人〉であれ!
と、日記には書いておこう。


HOBO

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。