スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカイ顔のネコとキャロル。

車の中でユーミンの初期の頃の作品を聴いてたんですが、
ああ、この人はキャロル•キングが好きなんだろうなと
思いましたね。多摩美大出身のユーミンですから、
ナルホド、絵のような曲を書いていました。



絵といえば、ボクは今もキャロル•キングのこの
レコードジャケットを部屋に飾ってますよ。なぜか
タクシー•ドラーバーのデニーロの横に。
デカイ顔のネコがアメリカのネコなんだろうなと思うと、
アメリカンキャットについて調べたりもしました。
ボクはキャロル•キングが好きでした。
デカイ顔のネコも。


HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
こんばんは^^
音楽はわかんないけど
デカイ顔の猫なら我家にいる!
それも2匹も。
横になっているときに猫が至近距離にくると
デカイ顔でビックリよ(笑)
きょうさんへ
きょうさんちのニャンコはロングヘアーゆえ、
大顔面に見えるだけではないんですか?
実際このアメリカンはエラがはっているというか、
でもネコは顔がデカイほうがカワイイですよ。
そうですか、至近距離のきょうさんちのニャンコはそんなに
デカイですか、顔。

残暑見舞い申しあげます。


ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。