スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗筋をなぞるような生き方。

 いつからそうなったのだろう?むかしは違ったんだ。最近の母は、
確実に老いている。
 母は読書好きでありその量ときたら僕よりはるかに多い。なるべく
同じ本を読もうとしているのだがそれにはちゃんと理由がある。
 僕のブログを見てくれる知人もすこし多くなりはじめ嬉しく思って
いる。しかし最近は携帯からコメントをくれたりする人も多いようで
「できれば僕の全体を見てほしい」と伝えている。ブログには色がつ
いていて空間もある。文章は粗筋がわかればいいというものではない。
レイアウトの余白の影に少年がうずくまっているかもしれないのだ。
 母は粗筋をなぞるような本の読み方をする。テレビを観ていてもそ
うだ。サスペンスドラマを観ていても犯人がわかればそれでいいのだ
という。小説にもドラマにも描写というものがある。そこを楽しまな
ければせっかくの作品が薄っぺらくなるじゃないか!

 「ほら?あそこの場面で主人公の彼がこんなことをいったでしょ?
あれってなぜだと思う?そしてあの場面でこんな情景描写があったで
しょ?覚えてる?」
こんなことをあえて母に訊く。母は、
「そんなの知らん。またあ、お前はクドい男だねえ」
と、こうなってしまう。
いや、これはとても大切なことで、それがあるから深い感動が得られ
るのになんてもったいないことをする。どうなんだろう?それをわか
ってもらおうとするのは無理なことなんだろうか?むかしはちがった
ように思う。大切なところをちゃんとつかんでいた。粗筋だけをなぞ
り、はしょって読むことなどしなかったのに。

 人生というものは、この人がいつ生まれてどんな仕事をしていくつ
のときに死んだ、というプロフィールのようなもんじゃない。とくに
大切な人の人生には深く寄り添っていたいと思う。その人がどのよう
に生き、なにに悩み、それをどう解決したのか?その表情や握りこぶ
しを見てあげたいと思うのは、おせっかいだろうか?
「お前はクドい男だねえ。」母の口癖だ。
僕はそんなにクドいだろうか?自分では自分がよく見えないからな。
でも僕は粗筋をなぞるような生き方はしたくないんだ。そのときその
ときにちゃんと意味を持たせたい。できれば僕の全体を見てほしい。
いつもそう叫びながら生きている。


HOBO

コメント

今小説読んでました。
こんばんはHOBOさん。実はわたしクドい男だねシリーズの大ファンで、お母様とのやりとりはまるで小説のようで、毎回楽しんでいます。笑 。それは何気ないやりとりの中に、あっなるほどなっと考えることが生まれるからです。HOBOさんはおせっかいな人ですか?おせっかいこれからも続けてくださーい。おせっかいは宝です。
  • 2014-04-01│21:40 |
  • ガガ URL│
  • [edit]
ガガさんへ
あまり母を追いつめるようなことはしたくないんですがね、
しっかりしてもらいたいだけなんです。
まあ、これをシリーズにしているわけではありませんがね、
いつもこんな調子なんですよ。
宝ねえ、そうなんでしょうかねえ。
そうだといいです。

HOBO
タイトル
HOBOさん。私も、『クドい男だねシリーズ』の大ファンですよ~。(笑)
HOBOさんにその気がなくても、もうシリーズだい!(爆)
そうそう。お母様とのやりとりは、ほんとに、笑わせられつつも
最後にホロリ、という、なんとも言えない滋味があります。^^

『でも僕は粗筋をなぞるような生き方はしたくないんだ。そのときその
ときにちゃんと意味を持たせたい。できれば僕の全体を見てほしい。
いつもそう叫びながら生きている』

ほんと。ほんとです~。
わたしも、かくありたいです……
彼岸花さんへ
クドイ男シリーズかあ、寅さんみたいですね。(笑)
まあ、日常がこんなですからけっこう楽しいですよ、でも母はそうとうウザイみたい。

大門先生の個展に行ってみたいんですが日にちがいつも合わない。
なんとかしなければね。

HOBO
  • 2014-04-03│14:08 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。