スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスター•ボージャングル。



ミスター•ボージャングル。
いろんなアーティストがカバーしている。
オリジナルを越えるものはありえない、といいながら、
この曲は不思議と、誰に唄われてもちゃんと育っている。
サミー•デイビスJr、子供の頃ウイスキーかなにかのCMをみて、
へんなオジサンだなと思っていた。
へんなオジサンだと思っていたひとはだいたい天才で、
今聴くとこころに沁みわたる。

日本語の字幕をみながら聴く、この音、この映像、
素晴らしいパフォーマンスだと思わないか?


HOBO

コメント

タイトル
HOBOさん、こんばんは

この方、やっぱしエンターテイナーだと思います。
歌詞の表現力が素晴らしいです。

随分前に彼が4歳の頃の Vaudeville のステージの映像を見たことがあるのですが、その上手さには驚かされました。4歳児が大人と同じステップを踏んでステージに立っているのです。その後ラットパックのメンバー(シナトラやディ-ン・マーティンなど)の印象もかなり強いですが、俳優でもある彼の才能は長い月日を経て幼い頃から培われたものなのでしょうね。

でも人種差別などで大変に苦労されており、徴兵で取られた軍隊でも差別は酷く自分の尿をヘルメットにさせられそれを飲まされたという悲惨な驚くような事も経験したそうです。自伝でせきららに語られて折られました、その他にも色々と興味深い政治的活動もされていた方でした。
彼の歌は、時に優しく、時に楽しく、時に哀しく、人の気持ちをなんとストレートに唱えるのかと感心します。私の好きな歌い手の一人です。
まん丸クミさんへ
そうなんですか?
かれはそんな悲惨なめにあったんですかあ、、
人種差別というのは今でもあるらしいですね、つらいなあ。
アーティストの魅力はそのひとがどんな人なのかということ。
生き方そのものというか。
JAZZで名をあげているひとたちの生い立ちや生き方なんかもきっと興味
深いものなんでしょうね?もっともっと学ばなければ駄目だなあ。

JAZZを学びたいという気持ちはずっまえからです。
しかし、どうやってそれをすればいいのかわかりません。
せっかくまん丸さんという師匠がいるわけですから、まずはまん丸さん
のブログを最初から読むことから始めようとじつはそうしております。
せっかくビンテージJBLをもっているのですからJAZZを鳴らしたい。
一本、筋の通った道を歩いていきたいと思います。
よろしくです。

HOBO

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。