スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想う店、伝えたいひと。




ひとはみな何かいいことがあったりすると誰れかに伝えたくなる。
それは心が豊かになっているからだ。

天気がいいというだけでも心は豊かになるもの。
オレンジを転がして知り合いのオーディオ屋に行ってきた。
古いJBLやアルティック、タンノイなどのスピーカー、
真空管のアンプから新しいオーディオまでずらりと並んでいる。
一気に高みに昇る心を抑えながらその空気をすぅーっと吸い込んだ。
試聴室には3人の年配の男性がいてスピーカーやアンプの話をしている。
「新しいスピーカーで聴くアームストロングもいいものだなあ。
まるでそこにいるみたいじゃないか!」
男性のひとりがそんなことを言った。
ぽんぽんと足でリズムとりながら聴いていたもうひとりの男性は、
「うん、そうだね、声にハリがあるねえ、哀愁も、、、いいなあ。」
会話は終わりそうにない。

サッポロの片隅にあるこのショップで、
消費税が上がったというのに、政治家が辞任したというのに、
こんな会話をする人たちがいる。
ひとは美しいものを見たり良い音を聴いたりすると心が豊かになるものだ。
そこにいて同じ空気を吸い込むだけでぼくは気分がよくなった。
心が豊かになるとそのことを誰れかに伝えたくなる。
そんなとき真っ先に伝えたくなるひとが、想いだすひとがいるだろうか?
そんなひとがいるということが素敵だと思う。
伝えられたひとは、うんうんとうなづいて、また心がどんどん豊かになる。
伝えてくれるひとがいることに感謝する。

ぼくは、そんな店を作りたいと思っているんだ。
それは高級だとかそんなものじゃない。
美しいものを見たとき、良い音を聴いたとき、なにかいいことがあったとき、
伝えたくなる、思いだす店があるなんて、かなり素敵だと思わないか?
伝えたいと思われる人になりたい。

人はたとえどんなに美味しくても、どんなに安くても、
その一杯の珈琲にはリピートしない。
それに付いてくる豊かさという崇高な付加価値にリピートするのだ。


HOBO

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-04-11│00:25 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-04-11│11:37 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-04-12│22:45 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。