スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を守りなさい!

 また一本、ギターを売却した。何本も弾き比べ、渋谷で手に入れた
GIBSONのギターだ。同級生特別価格で北海道を代表するアコーステ
ィックデュオ〈オレンジ•ノート〉のAKKIの手に渡ることになった。
こういうものは想いがつまっているのでできるだけ気心が知れた友人
に譲ったほうが安心だ。あきたらまた戻ってくればいいのだから。

 いつも思うのだが、どうしてヤマト運輸とか佐川急便とか、運送会
社のスタックは集荷の時間を守らないのだろう?時間を守らないやつ
はウソをつくやつと同じぐらい駄目なやつだ。2時間も集荷時間の幅
をもたせてあるのに。
 もと時間を守らない人間として言わせてもらうが(笑)、そういう
やつはだいたい、少しぐらい遅れてもいいだろうと思っている。配送
の仕事などはそりゃあ大変だろうが、仕事はみんな大変。遅れるなら
電話一本くれてもいいと思うのだ。けっきょく1時間も遅れてやって
きたスタッフはすみませんのひとことも無し。
 AKKIにギターを送るのに狭い玄関でスタッフにあーでもないこーで
もない文句を言いながら、こっちが上だとかこっちが裏だとかこっち
にモノを乗っけたり手荒く扱ったら駄目だとか、スタッフにキツイわ
たしである。
 そんなこんなを眺めていた母は呆れた顔で、
「しかしまあ、お前もクドい男だねえ。そんな時間も守らない人にあ
ーでもないこーでもない注文つけたってまともにやってくれるわけな
いでしょうに。」
と、スタッフにきこえるように言う。
はっきりした母である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このまえ母が寿司が食べたいと言うので、じゃあ夕方4時に行こう
と約束をした。しかしわたしは4時になっても近くの喫茶店でコーヒ
ーを飲んでいた。少しぐらい遅れても大丈夫だろうと思っていた。け
っきょく4時半に戻ったわたしであるが、母は頭から湯気を立てなが
らメロンパンをかじっていた。
「寿司食べに行かないのかい?」と母に訊くと、
「もういい。」と言い、湯気にまみれていた。
時間を守らないやつは最低だ。
わたしは反省した。


HOBO

コメント

やりとりが、
こんばんはHOBOさん。勝手にシリーズにしちゃってごめんなさい。笑。 人間はお腹が空いてると不機嫌になることがありますからね。笑。時間にルーズって性格なんでしょうね。わたしは何が何でも時間を守りたいって訳じゃないのに、必ず約束の10分前には到着というタイプで、まあ性格なんでしょうね。HOBOさんの記事はこのシリーズに限らず、深く訴える不思議な力があります。なかなか味わえない味があります。「お前はクドい男だね」親子っていいですね。笑。
  • 2014-04-12│18:53 |
  • ガガ URL│
  • [edit]
ガガさんへ
いつもありがとう、ガガさん。
母はこんな僕の性格が、ノイローゼになるほどキライなようです。
一年ほどまえ、〈とんび〉といういいテレビドラマがあるよと母から
教えられました。先日その〈とんび〉の原作者が重松清であることを母に
言うと、〈とんび〉ってなんだい?見た記憶がないというんですよ。
僕はボケてしまった母は哀しいですし、ボケてなんていないと思ってる
んですよ。粗筋をいっても思いだせない。
だから、少しイヤな思いをさせて、僕がとてもイヤな性格の男だと
思わせておく必要があるんです。
僕が息子だということは忘れてほしくないですからねえ。
ってなわけで、母は毎日寿司を食べたがってしかたありません。

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。