スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れていたあの頃のディラン。



言葉を探したりしない
言葉が飛び出してくる瞬間の快感を楽しむような
この頃のディランがいちばんいい。

詩人には、言葉で人を殺せるほどの強みがある。
だが、とても哀しい。
さあ、今日、ZEPPにディランがやってくる。
かれはあのころの自分を覚えているだろうか?

行ってくる。


HOBO

コメント

タイトル
行ってらっしゃ~い♪
いいコンサートになるといいですね~。
彼岸花さんへ
こんにちは彼岸花さん。
やはり今回はギターを弾きながら唄うことをしないみたいですね。
むかしの曲を演って、懐かしいなんて決して思わせない、
今なお現役を強く意識する姿勢こそが彼の生き方なんだと思います。

正直、ポールマッカートニーにしてもストーンズにしても、
媚びまくりですからね。楽しませかたがディランとはちがう。
今回もほとんど比較的新しいアルバムからの演奏で、古い曲といえば
アンコールの2曲ぐらいだといいます。
今朝早くまでディランの番組がテレビでやってましたが、それを観て、
俺なにやってんだろ?丸くなりやがって。そう思いました。
ああ、行ってきますよ。
彼岸花さんももっと尖ってください。それでいいんだと思います。


デブ•ディラン

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。