スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTTA SERVE SOMEBODY



ボブ•ディランのアルバム〈スロー•トレイン•カミング〉に収録
されている『Gotta Serve Somebody』をナタリーコールがカバーしている。
じつはこの頃のディラン、3作つづけてキリスト教色の強いゴスペルアルバム
とも呼べる作品を発表していて、〈スロー•トレイン•カミング〉〈セイヴド〉
〈ショット•オブ•ラヴ〉と、憎らしいほどだ。
とくにこの〈スロー•トレイン•カミング〉はマーク•ノップラーがギターと
アレンジで参加しており、これ以上のアレンジ、演奏はないだろうというぐらい、
全曲素晴らしい。
反面、宗教色が強いということから毛嫌いする者も多いようだが、どっこい、
ナタリーのこのバージョンを聴いてもわかるように、ディランの曲づくりの
チカラには驚かされる。
ちょっと前にディランはノーベル文学賞をとるんじゃないかと言われたが、
決して後ろを振り向こうとしないそんな彼には似合わない賞だと思う。
ディランは偉大な詩人であり、心にいつもゴスペルを抱いていた。

ナタリーのこのバージョンもいいが、どうもアクがよわい。
ぜひ、本家の〈Gotta Serve Somebody〉を聴いてみてほしい。
挑むように唄うボブとうねるような乗りに、まったくもってシビレてしまう。
フルヴォリュームでいこう。


HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。