スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君はヴィンテージか?それともただのガラクタか?

DSCN0970.jpg


 女性に年齢を訊くのは失礼だろうか?そんなことを訊いたりする
のはデリカシーのないイヤなやつなんだろうか?はっきり言うが僕
はそうは思わない。それより、本人のまえで「馬鹿だなあ、女性に
年齢を訊くもんじゃないだろう!」そんなことを言うやつのほうが
よっぽど失礼かと思う。
 人間は目標をしっかり持ち、自信をもって生きていると内側から
オーラがでてくる。齢を重ねるほど美しく輝くのだ。昨日より今日
のほうが、そして明日はもっと輝いている、そんな自分を誇りに思
うべきだと思う。

 先日、ふと立ち寄ったヴィンテージオーディオショップで僕は運
命の出会いをした。そこの主人は糖尿病の合併症からほとんど目が
見えず、それでも僕とこころで話をしてくれた。アレも欲しいコレ
も欲しいという僕のこころを見抜いて、主人は僕を叱ってくれたの
だ。
「それは自分に自信がないからだ。スピーカーなんて1台あれば充
分、ギターだってそう。お前はまだ本物じゃない。自分の音、HO
BOの音を探すべき、そんなスピーカーを作ろうじゃないか!」
 僕はうれしかった。この人について行こうと決めた。
 主人は僕のカラダのことを心配してくれ、自分と同じような道を
歩くな!と言った。
「どこの病院に行ってるんだ?」
と訊かれ、僕はかかっている病院の名を言った。
「ああ!ダメだ!そんな個人病院ではなくオレが行っているいい病
院を紹介してやる。いきなり行っても診てくれないのでオレが紹介
する。月曜日に必ず電話するから連絡先をここに書け!」
そう言ってくれた。
「まずオレの紹介する病院に行くことだ。いいか?オレの言うこと
をきいていれば間違いない、オーディオはそれからだ!」
「お、おっ、親分!つ、つ、ついて行きます!」
男の中の男。そんな感じ、だった。

 月曜になり僕は親分の好意を無にしたくなく、携帯を握りしめて
いた。しかし待っても待ってもかかってこない。火曜になり水曜に
なった。
 人は目標をしっかり持ち自信を持って生きていると内側からオー
ラが出て齢を重ねるごとに光り輝くと言った。しかしそれは嘘をつ
いたり裏切ったりするといっぺんぱんにただのガラクタになる。約
束を守らない親分は、ただのガラクタだった。ヴィンテージなんか
じゃなかった。老いぼれたシワだらけのオーラも何も無い、ただの
ガラクタじゃないか!

 僕はヴィンテージか?それとも、ただのガラクタか?鏡を見て、
こころの内側をよーく観察するがいい。老人に年齢を訊くのは失礼
じゃない。だって昨日より今日、今日よりも明日、古くなるほどカ
ッコいいんだから!。
 ガラクタはイヤだな。ヴィンテージがいい。


HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。