スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名も無い木





新しいモノはいちばん古くなるんだよ

古くなればまた新しいモノを探すのかい?

透き通った道には一本の木が立ってるんだよ

それはあまりにも古い名も無い木

しかしボクたちがずっと見てきた木

その木の下に集まろう!

そしてその木の下から旅立とう!

老いぼれた木

ただそこに立っているだけの

名も無い木



HOBO

トラックバック

コメント

タイトル
ああ、いいですね!
美しい木の下で。風に吹かれて…

二人ともなんて若かったんでしょう!



彼岸花さんへ
たまたまこの映像をあとづけしたんですがね、
ボクはこの映像とは関係なく、古い木のない人はダメだと
思ってるんです。いつも見ていなければならない木があるはずなんです。
とくにミューズの木はカタチを変えますが、根の太いピカピカ光る葉をつける
がちっとした木なんですよ。いつもその木のしたに座り、空を見上げながら
唄う、ときにはカンバスをひろげる。日差しがまぶしいんですがね、
葉っぱがちょうどよいブラインドのように。
いつも気にしなければ萎えてしまう毎日。この木が大切なんですがね、、、

まだ暑いんでしょう?
ガンバです。ボクも頑張ります。

ほーぼー
タイトル
わかりますとも!
私の中にも、そんな、こころの中の一本の木はありますよ~。
樫の樹かな~、ユリノキかな~、桂の木がいいかな~。
なにもない原っぱに一本ぽつんと立っている樹。
ああ、その下で、本を読んだり、手紙を書いたり、
午睡をしたり…
その樹皮に頬を押しあてて、静かに悔恨の涙を流したり。
百年の旅をした後、その下に戻ってくる樹。

何処かにあるかな、私だけの一本の樹。






彼岸花さんへ
たしか畑仕事をするお母さんが描かれている故郷の絵の中に
そのような樹があったように記憶しております。なかったかな?笑
この樹を持たない人はふわふわと渡り歩くんですよ。
HOBOの樹はポプラなんです。並んで立っているんですがね、
一本だけ天才と努力の樹というのがあるのです。それがボクのポプラです。
勝手なことばかり言っておりますが、実にマジメなのです。
彼岸花さんの樹はたぶん松の樹ですよ。スプルース。この樹は
弾力があり木目が真っすぐなんです。きっとスプルースだと思いますよ。

ほーぼー
タイトル
あっ、どうしてわかるの。HOBOさん!
私ね、自分の木を選ぶとしたら、針葉樹だな、って思ってたのよ。
針葉樹の新鮮な青い香りが大好きなの。
 
彼岸花さんへ
やっぱり!
針葉樹!
でも松はちょっとオシャレな感じではないなあ。
そうですか、、
針葉樹。
ゴロー野口ですね?

ほーぼー

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。