スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぞの中国人。

やはり本州の暑さは根性があり、さすがである。暑いというだけで
腹がたちイライラがつのる。

電話帳で自家焙煎の喫茶店を探しナビに入れようとしたら京都の住
所が複雑でナビも用をたさないときた、イライラ。しかたないので
人に訊いてみようとしたら京都の人はよそ者を嫌うようで妙に冷た
いときた、イライラ。カーラジオからは似たような歌ばかり流れわ
けがわからない、街は幸せそうな観光客、似たよう服似たような靴
似たようなカバン似たよう髪型、あー!暑い!まったくふざけやが
ってどいつもこいつもみんなと同じとだいうことに安心してる。ま
あいいさ俺はこれから極上の自家焙煎コーヒーを飲むんだぜ!がは
はは。
イライラを癒してくれるだろう極上の珈琲屋はビルの2階にあった
。控えめな看板だ。俺はビルの向かい側の有料駐車場に車を停める
ことにした。20分500円、ちょっと高くねえか?まあいい、極
上の癒しだ、なんてことを呟きながら喫茶店のある2階にあがった
。ん?<一生懸命営業中!>?最近よく見かける看板だ。ん?<冷
やし中華始めました!>?そんな貼り紙。自家焙煎の喫茶店で冷や
し中華、、、「まじ、、、」んーどうしょうかな?まあせっかく来
たんだから入ってみよう。

スタッフはひとり、ほとんど日本語がだめな中国人。俺は後悔を噛
み潰しブレンドコーヒーを注文した。中国人のスタッフは「冷やし
中華はいいあるの?」みたいなことを言ったように思う。俺は思い
きり「けっこうデス!」と言った。「ふーん」とか不満そうな中国
人、30秒もたたないうちにコーヒーを運んできた。「あれ?一杯
一杯おとすんじゃないの?」と訊くと、「うん、さっきばっちりお
とした、うちのブレンドおいしいあるよ。」と中国人。

失敗したなあ、なんて日だ!銭湯にでも行って汗を流してから仕事
の準備でもしょう。駐車場の精算ボタンを押すと、1500円!な
んて日だ!すっかくなったコーヒーを飲まされ高い駐車料金。あー
あ、なかなかうまくいかないなあ。ため息をつきながら車に乗り込
もうとしてポケットを探ると、あれ?キーがない!あー!喫茶店だ
あ!早くとりに行かないとまた板があがっちまう。走ってビルに戻
る。息を切らしてドアを開けると中国人、「あら、冷やし中華たべ
る?」「違うんだ、キー、車のキー!」「キー?わからへんわ」そ
んなときだけちゃんと京都弁をつかう中国人。さっき座った席に行
ってみるとまださっきのまんま、だらしない奴だ。テーブルの上に
ちゃんとあるじゃないの、キー。「ああ、それね。」と中国人。そ
れもこれもないだろうに。

急いで駐車場にもどると、、、やっぱり、、、板が時間切れで上が
り結局さらに500円払うことになる。あー、ついてないなあ。あ
ー、暑いなあ。うまい冷やし中華でも食いたくなった。


HOBO

コメント

No title
HOBOさん、今晩は。

散々でしたね(笑)、そんな日もあっていいかもですよ。次に頂く珈琲が倍美味しく感じるかもしれません。まさかぁ~?

京都で思い出すのが、高瀬川の近くにあった古い珈琲屋「開化」です。文明開化の開化で、その店はガタガタした細い階段を上がった二階にありました。

マスターと息子さんがやっていた古い店で、なんと照明は明治に使われていたような古いランプだけ、テーブルと椅子は年代物でした。

訪日した時に行きましたが、見つけられなかったので、もう無くなっていたのかもしれませんが、あんなに素敵な珈琲店はその後、行ったことがありません。

40年前に既にマスターはお歳を召しておられたので、多分もうお亡くなりになっていると思いますが、ああいう珈琲屋さんが消えてしまったのは凄く残念に思います。京都と聞くといつもあの珈琲屋さんをいつも思い出します。

京都を去る前に素敵なカフェが見つかるといいですね。
  • 2014-05-31│13:09 |
  • まん丸クミ URL│
  • [edit]
まん丸クミさんへ
コメントありがとうございますまん丸さん。
京都にそんな素敵な店があったなんて知らなかった!です。

白壁町あたりをぶらついてますと、古い古いマチヤを利用した
店があります。こんなに暑くないなら住んでみたいですねえ。

先日、ジャズのLPジャケットばかりを集めた本を買いましてね、
シンプルなデザインセンスに感心しております。CDもだいぶ集まりました。

今回はうまく雨をさけて走ることに成功しております。仙台の会館でライヴを
やり、6月の中頃には戻るつもりです。いつもありがとうございます。
まん丸さんもお身体に気をつけ、楽しいブログ、頑張ってね。笑


HOBO
  • 2014-05-31│17:54 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。