スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターが錆びちゃった。

長野市にあるお気に入りの喫茶店がずっと閉まっているという話
を書いたことがある。マスターの体調はその後どうなのか?さっ
き行ってみたら開いていた。

入ってみるとカウンターの中に見たことのないお兄ちゃんが。見
渡すと壁のいたるところに<ケーキセット>だとか<モーニング
始めました!>とか、マスターのニオイはすっかり消えていた。
アルバイトのオバサンがお兄ちゃんにアゴで使われていて、ミネ
ルバのミルが寂しそう。ああ!マスターはもういないんだな。

オバサンにきいてみると、マスターは焙煎とブレンドは毎朝しに
きているそうで、「コーヒーのいれかたはまだ上手じゃなくてご
めんなさい。いま修行中なの!」と、そんなことを言う。しかし
まあそれにしても、これじゃあ駄目だ。ぼくが長野に住んでいた
ら引き継いでもいいぐらい根性の入った店だったが、マスターの
根性がすでにふにゃちんならしょうがない。しっかりしてくれよ
な、マスター!

長野には行きたい喫茶店がなくなった。たぶんもう来ることはな
いだろう街にサヨナラを告げ金沢に行こうと思う。そして今回の
旅を終らせよう。ファーストフード店のようになってしまった喫
茶店の裏にマスターご自慢の赤い自転車があった。サドルポスト
が赤く錆びていた。まえはそうじゃなかったのに、、、。


HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。