スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼無里の朝。

長野の鬼無里で十割りの蕎麦を食べたがかなり旨かった。山菜の
かき揚げがついてきて、ちゃんと蕎麦のニオイがするホンモノを
久々にいただきホントにありがとう。

いいか悪いか、それはどれだけ感動したかということだ。食べ物
だって家具だろうがなんだって同じだと思う。安いからこんなも
んだろうとか、こんなに高いのにこれはないだろうとか、良し悪
しの判断基準をプライスにもってくるひとが多いが、そういうひ
とにかぎって「よっ!大金持ち!」とか、そんなふうに冷やかし
たりする。いいか悪いかはどれだけ感動したか?ということ、感
動の基準はプライスではない。感動しながら食事ができた鬼無里
の朝である。

きのう古本屋で、オー・ヘンリーの短編集を買ってきた。100
円だった。ボクは中学のときに泣きながら読んだこの<最後の一
葉>を再読し、また、泣いた。



HOBO

コメント

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。