スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニトロセルロースラッカー。

どこの家具工房に行っても今はだいたいオイル塗装。なんかつま
んないな。どうも安っぽい。楽器と一緒だとは思わないが、ぼく
の好きなギブソンやマーチンのヴィンテージはラッカー塗装だ。
時を経て傷つき塗装は剥がれ変色し風合いが増し貫禄がつくのも
ラッカー塗装の特徴である。しかし、外気の影響を受けやすいの
で扱いはむずかしい。いっぽう、安価なポリエステル塗装のギタ
ーはいつまでも新品のようだが音が育たない。手入れを怠った人
間もそうだか、生きっぱなしはよくないと思う。顔にできた泣き
笑いのシワや失敗のあとも風格に変わるのだ。ちゃんと育った人
間は傷を隠さない。

ラッカー塗装の家具は安物という考えは正しいのだろうか?ラッ
カーの認識が違うのではなかろうか?ウレタンとかオイルではな
いニトロセルロースラッカーで塗装された家具は邪道なのか?ぼ
くにはわからない。ただ、ラッカーが痩せてきて木目のあとがく
っきりでたサンバーストカラーのギブソンはかなりいい。家具の
世界で今の主流がオイル塗装だというのならあえてそれを取り入
れる気にはなれないな。いつまでも新品がいいなら傷つかない生
き方を選択すればいい。ラッカー塗装しかやらないという家具職
人はいるのだろうか?「いないと思いますよ。」あ、そうですか

ラッカー塗装の家具はダメだなんて、そんなことをいう職人は勉
強が足りないんだよ。椅子を作ったこともないぼくがいうんだか
らまちがいないんだ。めちゃくちゃだろ?いいんだよそれで。
がははは。


HOBO

コメント

はじめまして
こんにちわHOBOさん。
いつも拝見させてもらったています。
私の父はアメリカン人ですがリタイヤするまで沖縄で家具
を作っていました。さっき縁側で居眠りしていた父に
聞いてみたんですが、「家具はラッカー塗装が一番美しい」
とのことです。ウレタンやオイルは愛情のない手抜き野郎
のやる仕事らしいです。いつもブログをみて
審美眼をもつHOBOさんに憧れます。すてきなお店
たのしみにしています!父は頑固者ですが腕の
いい職人でした。私は家具ではありませんが木で小物を
つくってます。
  • 2014-06-27│14:06 |
  • 家具屋のむすめ URL│
  • [edit]
家具屋のむすめさんへ
コメントありがとうございます!嬉しいなあ。
そうですか、お父さんが家具職人。椅子って特に難しいみたいですね。
自分の大切な椅子が、また、カウンターが、どんな塗装で仕上がるのか、
それは大切なこと。

ウレタン塗装やオイル塗装の何倍もてまひまのかかる
ラッカー塗装、そして熱に弱い、湿気に弱い、面倒な仕上げ
なんですね。しかし、お父さんが仰るように、「美しい」
んです。黄ばむ、縮む、痩せる、そんな欠点がすべて<美しさ>
なんですよ。ウレタンはいつまでも分厚い膜ですからそっけない。
オイル塗装は汚れても傷ついても補修できてしまう。
いつまでもヴィンテージにならないんですよ。ラッカー塗装の
経年変化を楽しもうなどと考えるのはわたしぐらいだと
思います。いまこの時代に手のかかるものを排除せず
逆に取り入れようとする行為は覚悟のいることですよ。
これは<もの>の話ではないんです。焦らずちゃくちゃく
行きますよ。むすめさん、有難うございました。

HOBO
  • 2014-06-27│18:21 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
ホーボーさん、元気そうだ。(笑)
今のマーチンとかギブソンもラッカー塗装ですよね?ヤマハはどうなんですか?
  • 2014-06-27│18:50 |
  • 尾崎命 URL│
  • [edit]
尾崎命さんへ
こんにちは!
そんなに元気でもありません。笑

現行のマーチンもギブソンもラッカーだと思います。
しかし、昔のようなウェザーチェックが入らなくなったのは、
下地はウレタンを吹き表面だけラッカーを吹いている
からだと思います。ヤマハは26シリーズまでがウレタン、
36からはラッカーということになっていますがよくわかりません。
ただ、いまのウレタンも薄いですから30万円クラスのものは
悪くないみたいです。先日石橋楽器にきいてみたんですが、
オーダーマーチンでも下地からニトロセルロースを吹く、
いわゆるオールラッカーはできないそうです。できないと
言われたら余計になんとかしたくなっちゃいますよ。
ヤマハはダメですね。

HOBO
  • 2014-06-27│20:35 |
  • HOBO URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。