スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を抱えた旦那さん。

大阪にカッコいい家具屋さんがある。色んなメーカーのセレクト
ではなく自社のオリジナル家具のみを制作・販売する≪TRUC
K≫だが,全国の書店でカタログが買える。3000円の分厚い
カタログをすでに50000冊以上販売しているというのだから
その人気ぶりがわかるだろう。

去年ぼくが大阪に滞在中、トキオの国分太一氏がラジオでこの店
のことを語っていたのを聴いてどんなものかと思い行ってみた。
住宅街の狭い道にガードマンが立っていて客を店舗の入り口へと
導いていた。向かい側に≪Bird≫というカフェがある。≪T
RUCK≫のオーナーが自分の店の家具を使いセンスのいい空間
を造り出している。とにかくここのオーナーの造り出すものはセ
ンスがいい。まだ若い経営者はなにがカッコいいのかを知ってい
る。店の近くに家具運搬用?のヴァナゴンと、プライベート用だ
ろう旧ソビエト製の四駆ラダニーバが停まっている。こんな古い
クルマを生活の中に取り入れることを当たり前と考える彼の家具
はいったいどんなだろう?ぼくは倉庫のような建物の階段をすこ
し胸を踊らせながら上がった。

重くてデカイドアを開けると5メートルはあるだろう天井、足場
板を敷いた広い床の上に沢山の家具が並んでいる。客はソファー
に腰かけたりテーブルに肘をついたり、みんなとてもいい顔をし
ていた。真空管のアンプが何気なく置かれ古いタンノイのスピー
カーからサーフミュージックが流れている。店舗のはしっこのほ
うは1メートルほど低くくなっていて階段の下のスペースに無垢
材の事務机をコのじに置いたブースがある。少年がかつて夢みた
本当の隠れ家の意味をここのオーナーはちゃんと知っていた。
「よくこんな古い雰囲気のある建物を見つけましたねえ?」とス
タッフに訊くと、「いや、ここは建てたんです。」ですと。どう
見ても7~80年は経っているように見える倉庫風のアトリエ、
徹底ぶりに驚かされた。
ここの家具のほとんどはナラの無垢材を使っているようだか、と
くにそのアバウトさがカッコよく、板のフシや割れは味と考える
その感覚は日本人の感覚とはまったくかけ離れている。家具はし
ょせん道具であり、汚れたり傷ついて当たり前、傷のつかない人
生なんかツマンナイ。まるでブルースのような歌声だ。エンジョ
イしましょう!とTRUCKの家具は唄い、語りかけてくる。

大阪にありながら70%以上が県外からの客だときいた。ここは
モノを販売し、ついでにカネでは買えない夢を見させてくれる。
いい買い物というのは安い買い物のことじゃない。買い物袋に入
りきらないほどの自分だけの夢。そんな夢を売る店が大阪にあっ
たのだ。

鼻歌を唄いながら路地に停めてあった車に戻ろうとすると、ミニ
パトが見えた。夢にまみれた僕を待っている若い警官。「旦那さ
ん、ここは駐車禁止ですよ。」ですと。「えっ?ここは駐禁です
か?」と、わざとらしく尋ねる名男優HOBO。鼻で笑うように
「旦那さん、ここは大阪ですよ、駐車禁止でないところなんかな
いですよ。がははは!」パトカーに乗せられさっそく切符。「旦
那さん、どこに行ってたんですか?」関西の独特なアクセントが
みょうに憎たらしく聴こえる。「TRUCKですよ、TRUCK
!」と応えると「TRUCK?ああ、あのバカ高い家具屋ねえ」
ともう一人の下っぱが言った。まあ、パトカーの中で違反切符を
きられている、これが現実。夢の欠片すらないパトカーの中。ま
あ、ちょっとだけ夢の話をしてやってもよかったが、もったいな
い。こいつらにはどうせわからないだろう。っていうか、旦那じ
ゃねえし!



HOBO

コメント

はじめましてです。センスメンのHOBOさんが饒舌になるのだからかなりいけた家具なんでしょう。調べますと私の愛する山崎まさよしさんも大のファンだとか。夢を売る店ですかあ、今度いってみようかなあ。
  • 2014-08-15│19:04 |
  • もうすぐバアサン URL│
  • [edit]
もうすぐバアサンさんへ
もうすぐバアサンさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
ここの家具、新品に見えないんですよねえ。
でもエイジング加工でもないんですよ。
なんていうんでしょう、テキトーというかちゃんと
してないというか。
日本人の作る感覚ではないんですよ。ゆるいというか。
ただのカネ持ちは買わないでしょう。若者が少しずつお金を
ためて買おうとする、そんな感じがいいというか、
夢が浮かぶんですよ、世界があるんだなあ。
ブレがないんですよ。

HOBO
  • 2014-08-15│21:03 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
No title
こんばんは♪
体に気をつけつつ、生きとりますよ~!(笑)
有名な病院に行ったのはいいものの、次の診察日までの間が長く、自分の病状がよくわからない中途半端な気持ちで日々過ごしています。

このご紹介の家具屋さん。
ちょっと検索して覗いてみたんですが、いいですね~~~!
建物の外観、植えられている樹木、窓の作り、階段…そして、HOBOさんお勧めの、その『隠れ家のような』ちょっとしたスペース♪ ^^……
どれもすっごく気に入ってしまいました。あら!ほんとに楽しそう♪
いいなあ…行けたら行ってみたいくらいです。

調子はいかがでいらっしゃいますか。
私はひと頃の胸苦しさは、このところありません。のんびりぐたっとして(と言いつつなかなかそれができない性質!笑)…本を読んだり、服を縫ったり好きなように過ごしています。
HOBOさんもお大事に。
  • 2014-08-16│00:53 |
  • すでにバアサンの彼岸花さん^^ URL│
  • [edit]
すでにバアサンの彼岸花さんへ
おはようございます!
ああ!体調、かなり悪いのでしょう?困りましたあ。
ちゃんと回復することを北海道から祈るしかないかあ、、、

まあ、この家具屋、造りのいいものは他にもたくさんある中、
オーナーの生き方がとても強く主張されており、
ぼくの店づくりのコンセプトにかなり近いというか、
生き方そのものが作品なので無理がなくブレがないんですよ。
吉祥寺の≪家具蔵≫もいいんですが客層もちがうし、なんか、
ちゃんとしすぎるというか。無垢材の家具っていいですねえ彼岸花さん。

体調心配!

もうすでに旦那さんのHOBOでした。
  • 2014-08-16│08:42 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
はじめまして。
私も大の家具好きであります。最近ウォルナットにはまりこんでますが、楢ってどうですか?耐久性とか?
  • 2014-08-16│15:33 |
  • カシミヤ100% URL│
  • [edit]
カシミヤ100%さんへ
ようこそカシミヤ100%さん。
ウォルナットですか、ぼくも好きです。
楢(なら)のことなんですが、トラックのカタログにはナラと
書いてあるのですが実際はホワイトオークらしいですね。
北米で採れるオーク、日本ではナラというらしく、
ウォルナットより硬く狂いも少ない良材です。
ぼくはナラ材がいちばん木材らしくて好きなんですが、
最近極端に少ないようですよ。よいモノはすべて中国人が
買いあさっていくといいますから、盛岡の鉄瓶の高い
ものや名作は買えないですものね。


HOBO
  • 2014-08-16│17:05 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
はじめまして!
かなちゃんといいます。うちの旦那はケチだけど夢の話には目がない哀れだけどいいやつです。いつかここの家具を買いたいとさわいでいます。フシとか割れがいいです。いつもおしゃれな文章アリガトー!
  • 2014-08-17│14:41 |
  • かなちゃん URL│
  • [edit]
かなちゃんへ
コメントいただきうれしく思います。
そちらの旦那さまはケチなんかじゃありませんよ。
きっとお金の使い方を知っていて、好きなものには投入を
惜しまないタイプなんですよ。

フシや傷のことなんですがね、人間だって少し傷があったり
汚れたりしているほうが素敵だと思っています。
度が過ぎるのはなんですが、いちばんいただけないのは、
傷もフシもないくせにそれふうに見せるやつですよ。
あれはダメ。木だって人間だって生きてるということです。
フシや割れ、汚れのないやつは信用しない。
素敵な旦那さまによろしくです。ありがとう!


HOBO
  • 2014-08-17│15:58 |
  • HOBO URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-08-20│00:08 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


profile

Mr.HOBO

Mr.HOBO

ちょっと病気をし
凹んでるとき、
ひょんなことから
1974年製のワーゲンを
手にいれた。
車庫で30年も眠っていた
オレンジ色のワーゲン。
命を吹き込んで
一緒に走ろうと思った。

これは
少年HOBOの
ゆる~い日記だ。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。